釣行記

7月9日・10日 タナゴ釣りオイカワ釣り

スポンサーリンク

あさはたハス池のハスの花が見頃を迎えています。

近所を歩くと、あちこちにヒマワリ。
ミツバチが忙しそうに飛びまわっていました。

すっかり夏になりました。

7月9日 いつものタナゴ釣り

タナゴ釣りも夏仕様。
パラソルを携えて、釣り場に向かいます。

この前の週末は、仕事があったり、シロギスを釣ったりで、珍しくタナゴを見ませんでした。
2週間あきましたが、雨はたいして降っていないので、小魚達の居場所は変わらないはず。

前回と同じ釣り場を覗くと、予想通り小魚が群れていました。

気楽に楽しめそうな雰囲気。
早速竿を出してみました。

2022年7月9日 静岡市内 くもり 10時05分〜10時40分 水温23.5℃

いつもと同じ道具立て。竿は1.8mのダイワ「ひなた」、エサは黄身練りです。

1投目はオイカワがヒット。
投入場所をズラすと、2投目からはタナゴが連発。
良いテンポで釣れ続き、50匹を超えたところで満足したので、終了としました。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 51匹
  • ゲスト オイカワ 1匹

大雨が降るまでは、この釣り場で遊ばせてもらえそうです。

スポンサーリンク

7月10日午前 夏のタナゴ釣り場探し

小魚達も暑さは苦手。
夏は水温低めの避暑地に集まります。

日曜日の午前は、新たな避暑地を求めて、釣り場を巡りました。
いくつか覗きましたが、魚が居なかったり、居ても釣りに向かなかったりで、空振りばかり。

最後にやってきたのは、昨年のクリスマスに新規開拓した釣り場。(その日の様子はこちら
冬に釣ったエリアを覗き込むと、底付近に大きめのタナゴが群れていました。

水温は22.5℃。この時期にしては低めです。

これはイケそうな雰囲気。
試しに釣ってみることにしました。

2022年7月10日 静岡市内 くもり時々雨 10時30分〜11時30分 水温22.5℃

この場所はポイントが遠く、長めの竿が必要です。
今回は2.1mの竿を選びました。
水深は60cm程。
黄身練りを、底に張り付くタナゴ達に送り込みますが、途中でオイカワに拾われてしまいます。
オイカワは広範囲をパトロールしていて、浮き釣りでは躱しきれません。

効率は良くありませんが、タナゴはそれなりに居るので、ポツポツと掛かってきます。
底ダナから良型のタナゴを引っぺがすのは楽しく、釣りごたえは充分です。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 23匹
  • ゲスト オイカワ 10匹

脈釣りならば底ダナを直撃できるので、オイカワは躱しやすいかも。
でも長竿の脈釣りは操作が難しいんですよね・・・。

釣り方を調整すれば、もう少し釣果は伸びそう。
何より、夏の釣り場の候補が増えたことが、嬉しいです。

7月10日午後 近所の川でオイカワ釣り

一年中、沼周辺をウロウロしている私ですが、暑くなると清流の雰囲気を味わいたくなります。

静岡市内を流れる一級河川安倍川のアユは、残念ながら今年も釣れていない様子。
それならば、近所で軽くオイカワでも釣った方が満足度は高そう。
もしかして、間違ってアユも釣れてしまうかも?

アユのエサ釣り用の道具を持って、近所のオイカワポイントに向かいました。

川の中を歩いて釣り場に到着。

40年前は残飯も流れる汚い川でしたが、下水道の整備が進んだことで、キレイになりました。

この場所には、真冬を除いて小魚が溜まっています。
岸際の岩には、アユのハミ跡が。
一応アユも居るようです。

別の日の画像ですが、この場所の水の中はこんな感じ。
割と大きめのオイカワが溜まっています。

ほとんどがオイカワですが、たまにアユも姿を見せます。

まぁ、釣れればなんでもOK。
気楽に清流気分を味わいましょう。

2022年7月10日 静岡市内巴川水系 くもり 15時00分〜16時00分 水温21.5℃

竿は4.5mの清流竿。
安倍川はコマセ禁止ですが、巴川はルール上問題ありません。
アユ釣り用のコマセを使ったエサ釣りで、オイカワなどを狙います。

仕掛けのイメージは、エサ袋のイラストのとおり。
私の場合は、上バリ無し、下バリ3つのシンプルな構成です。

付けエサは使いません。
コマセで誘い、ビーズ付きのハリを食わせる仕組みです。

好みのハリに、瞬間接着剤で手芸用の特小ビーズを固定

手返しは抜群。次々とオイカワ、たまにカワムツが掛かります。

アユは掛かる気配もありませんが、アタリは途絶えることなく、小魚が快調に釣れ続きます。
オイカワもカワムツも美しい体色で、見た目でも楽しませてくれます。

  • 釣果  オイカワ 22匹 カワムツ 3匹 

タナゴ釣りでは邪魔者のオイカワですが、気軽に清流気分を味わうにはもってこいの相手。
簡単に釣れてスッキリと楽しめました。

一方でアユがゼロ。
コケが生えているうちは、さすがにアユは無理なのでしょうか。
大雨の後なら、コケが飛んで、エサを食うかもしれません。

昨年もここで何匹かアユを釣っていますし、タイミングが合えば、また狙ってみようかな。

スポンサーリンク

-釣行記
-,

© 2022 今日も小物釣り Powered by AFFINGER5