釣行記

9月17日・18日 台風前のタナゴ釣り・投げ釣り

スポンサーリンク

家の周りで、秋の花が咲き始めています。

コスモス、

ヒガンバナ、

クズの花。

暑い夏が過ぎて、やっと秋になりました。
沼も海も快適な、釣りの季節到来です。

9月17日朝 短竿のフナ・タナゴ釣り

土曜日はいつものタナゴ釣り。
前週に確認したポイントに向かいました。

広い水面の一画に、少し澱んだエリアがあり、小魚が行き来しています。
今回は、コマセで小魚の足を止めながら釣ってみます。

2022年9月17日 静岡市内 くもり 9時30分〜10時30分 水温24.0℃

竿は0.73m。エサは黄身練りとタナゴグルテンを用意。

コマセへの寄りも悪く、黄身練りもグルテンも反応はイマイチ。
ポツポツとのんびりしたペースですが、わりと良いサイズのタナゴがそろいます。

たまに顔を出すフナも、なかなかの手ごたえで楽しませてくれます。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 22匹 フナ 3匹
  • ゲスト オイカワ 1匹

タナゴもフナも楽しめてお得な釣り場です。
釣り方を調整すれば、数ももう少し伸びるかも。

スポンサーリンク

9月17日午後 繁殖地の色づきタナゴ

午後は鮮やかなオスタナゴを釣りたくなり、繁殖地の釣り場に向かいました。
前週は増水していて、竿を出せませんでしたが、この日は普段の水量で、遊べそうな雰囲気。
水が濁って群れを確認できませんが、少しは釣れるでしょう。

2022年9月17日 静岡市内 くもり 14時30分〜15時30分 水温26.8℃

ここでは1.8mの竿を使用。
あちこちに仕掛けを入れて、タナゴの群れを探します。

5月に比べて群れはまばらですが、いくつか、アタリが集中する場所があります。
その辺りにドブガイが沈んでいるのかも。

黄身練りもグルテンも、反応に差はありません。

ゆっくりとしたペースですが、掛かるのは、ほとんどが婚姻色に染まったオスタナゴ。

モツゴも良型で、これはこれでカッコ良いです。

やっぱり、キレイなオスタナゴは嬉しいですね。
私にとっては、これぞまさにタナゴ釣りって感じです。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 21匹
  • ゲスト モツゴ 1匹

この釣り場は、このところオスばっかりで、メスはほとんど掛かりません。
メスが居るのか居ないのか、水の中を確認したいところですが、濁っているのでそれも無理。
キレイなオスは嬉しいのですが、メスが釣れない理由も気になります。

メスは、どこか別の場所に集合しているのでしょうか。

9月18日朝 台風前の投げ釣りは不発

今年の秋は、久しぶりに三保海岸でカワハギが釣れます。

今のところ、たいした数は釣れませんが、もしかしたら、これから調子が上向いてくるのかも。
しばらくは週末ごとに通って、推移を見守ることに決めました。

三連休の中日、9月18日は、台風14号の接近により荒れ模様。
予報では4〜6mの波ですが、三保海岸は離岸堤に守られているので、場所によってはこんな日でも投げ釣りができます。

釣り場に着くと、釣り人はほとんど居なくて、貸切状態。

さすがにこんな荒れた日に、雨の中で釣るモノ好きは少ないようです。

2022年9月18日 静岡市清水区三保 雨時々くもり 5時45分〜9時30分 

この日は小潮。
釣行時は少しずつ満ちてくる時間帯です。
水位の変化が少ないとはいえ、悪い潮回りではありません。

期待の第一投目、掛かってきたのはクサフグ。

こりゃ、望み薄な感じ。
カワハギが居れば真っ先に掛かるはずです。
やる気があるカワハギは、お留守なのかもしれません。

その後はチャリコがポツポツ。

せっかく浜が空いているので、あちこち移動しながら竿を出しますが、どこもパッとしません。
たまに掛かるのはチャリコばかり。

釣り歩いていると、雲の隙間から日が差しました。

見上げると、見事な虹が架かっています。
こんなくっきりした虹、なかなかお目にかかれません。
虹を歩いて離岸堤に渡れそうです。

子供の頃に見たアニメ「一休さん」を思い出しました。

こんなキレイな虹を見られるなんて、良い兆しかも。

最初の場所に戻って探ると、至近距離でまずまずのアタリ。
喜んで回収すると、期待はずれのヘダイ。

・・・ヘダイが釣れるのは、大抵カワハギがダメな日なんですよね・・・。

やる気が失せたところで、そろそろ潮が動かなくなる時間帯。
うねりも強くなってきたので、納竿することにしました。

  • 釣果  なし
  • ゲスト チャリコ 7匹 ヘダイ 1匹 クサフグ 1匹 

本命が釣れないのは、やっぱりつまらないですね。
とはいえ、あちこちで仕掛けを投げたので、釣り場の水深や底の状況はわかりました。
この情報がそのうち役に立つのかも。

・・・今回は虹を見に出かけた、ということにしておきます。

9月18日午後 タナゴに癒されて回復

午前中の投げ釣りは、カワハギに出会えず不完全燃焼。
いつものパターンで、午後はタナゴに慰めてもらうことにしました。

キレイなオスタナゴが釣れる、繁殖地の釣り場に向かいます。

2022年9月18日 静岡市内 くもり 14時45分〜15時45分 水温29.0℃

1.8mの竿で広く探ると、期待通り、婚姻色に染まったオスタナゴが掛かってきます。
この場所は、鯉やライギョ、ボラが多く、タナゴは落ち着かない様子ですが、投入場所をローテーションさせることで、一定のペースで釣れ続きます。

この日は特に発色がよい個体がそろいました。
水温が高いと、発色が良くなったりするのでしょうか?
いずれにしても、キレイなタナゴは大歓迎です。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 20匹
  • ゲスト なし

カワハギと違って、タナゴはいつも優しく出迎えてくれて、本当にありがたいです。
おかげで、海でのボウズのダメージが癒されました。

スポンサーリンク

-釣行記
-,

© 2022 今日も小物釣り Powered by AFFINGER5