釣行記

8月20日・21日 マブナ・タナゴ・オイカワ釣り

スポンサーリンク

朝夕はずいぶん涼しくなりました。
近所では秋桜が咲き始めています。

もうすぐ秋。
釣りには最高の季節がやってきます。

8月20日 朝からフナ探し

土曜日の朝は、フナを求めて麻機遊水地をお散歩しました。
木々に囲まれた涼しげなエリアで、魚の気配を察知。

あまり時間を取れませんが、フナが居るのか確認です。

2022年8月20日 麻機遊水地 くもり 8時15分〜8時45分 水温26.2℃

3.6mのヘラ竿にマブナ用のシモリ仕掛け。エサはミミズです。
今回は、保冷タイプの餌箱を用意。
更にズックビクも持参し、万全の体制でマブナに臨みます。

水草の際に仕掛けを入れると反応あり。
シモリが揺れたあと、ゆっくりと横に動き始めました。
アワセるとなかなかの重さ。
浮いて来たのは、まずまずのサイズのフナでした。

その後もコンスタントにフナが釣れ続き、時間切れ直前に掛かったのは、ミニサイズのライギョ。

ミミズで釣っていると、コイもナマズもオイカワも掛かりますが、ライギョは久しぶり。
スネークヘッドという名のとおり、ツラ構えも模様もヘビにそっくりです。
タナゴを釣る身としては、ライギョは邪魔者でしかありませんが、さすがにこのサイズだとかわいらしく見えます。

  • 釣果  マブナ  7匹
  • ゲスト ライギョ 1匹

釣り場の雰囲気も良く、簡単に釣れて満足。
朝から楽しい釣りになりました。

スポンサーリンク

8月20日午後 木陰で快適タナゴ釣り

用事を済ませ、午後からはタナゴ探しに出かけました。
雨の影響が残って水温が低く、どこもオイカワ優位のコンディションです。
タナゴの群れは見つかりませんが、コマセを効かせればなんとかなりそうな雰囲気。

タナゴやオイカワ、ナマズが行き来している場所にコマセをセットして、釣り開始です。

ナマズがウロウロ。小魚が居るところには捕食者もやってきます。
コマセカゴでタナゴの足を止めます。

2022年8月20日 静岡市内 くもり時々雨 14時15分〜15時15分 水温25.8℃

竿は1.2mで、エサは黄身練り。
開始直後はオイカワが連発しましたが、重めの仕掛けで下層を狙ったところ、タナゴが掛かり始めました。

木陰でパラソルを使用しているので涼しく、雨が降っても問題なし。
やっぱりタナゴ釣りは快適で良いですね。
コマセカゴの周りに群れるタナゴを眺めているだけで和みます。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 50匹
  • ゲスト オイカワ 11匹 モツゴ 1匹

私のメンタルヘルスはタナゴ頼み。
週末にタナゴを釣らないと、1週間もちません。

8月21日午後 モツゴだらけのタナゴ釣り

日曜日の午後は、20日と同じマブナのポイントへ。

前回フナを釣った際、手前に見えるタナゴの影が気になっていました。
今回は、そのタナゴを狙って竿を出してみます。

ちなみにこの釣り場は、たくさんのトンボが飛んでいます。

シオカラトンボ(左)とショウジョウトンボ(右)

このほか、コシアキトンボやチョウトンボ、ギンヤンマなどが次々とやってきました。
トンボに気を取られて、釣りに集中できない・・・。

2022年8月21日 麻機遊水地 くもり時々雨 14時15分〜15時30分 水温28.2℃

竿は1.8mで、エサは黄身練り。
タナゴめがけて仕掛けを入れますが、掛かるのはモツゴばかり。
タナゴは、たまに混ざる程度です。
当たりの少ないガチャを回している気分。

せめてタナゴを2桁釣ろうと粘りましたが、やっとツ抜けした時には、ビクの中はモツゴだらけになっていました。

竿と仕掛け、エサを換えて、フナも狙ってみましたが、こちらも不調。
反応乏しく、なんとか2匹掛かった後、アタリが止まってしまいました。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 10匹 マブナ 2匹
  • ゲスト モツゴ 約30匹 カダヤシ 1匹

フナはもう少し釣れると思ったのに、期待はずれ。
釣りはやっぱり、朝の方が良いのかもしれません。

8月21日夕 はじめてのテンカラ

2020年10月、静岡市内の釣具屋「イシグロ静岡丸子新田店」が閉店しました。

最終日のイシグロ静岡丸子新田店(イシグロホームページより引用)

タナゴ釣りのコーナーも充実していただけに、とても残念でした。
その閉店セールで買ったのが「テンカラスターターセット」。

私の好きな宇崎日新製だったこともあり、思わず手を出してしまいましたが、仕舞い込んだまま2年近くが経過。
今回、やっと引っ張り出して、テンカラに挑戦してみることにしました。

・・・と言っても渓流に行く体力もありませんし、私にヤマメが釣れるとも思えません。
近所のオイカワをテンカラで狙ってみます。

2022年8月21日 静岡市内巴川水系 くもり 16時15分〜16時45分

いつものオイカワの釣り場に到着。

前回はたくさんの小魚が溜まっていましたが、台風の影響でみんな下流へ下ってしまった様子。
オイカワ・カワムツが少しは居ますが、望み薄な雰囲気です。

まぁ、今回は初めてのテンカラ。
まずは竿や仕掛けに慣れなくては。

ラインの重さと竿のしなりを使って毛バリを飛ばしますが、何が正しいのかよくわかりません。
全然ダメなはずですが、適当に繰り返す中で、オイカワとカワムツが1匹づつ、毛バリに食いついてくれました。
本当に釣り人に優しい魚達です。

  • 釣果  オイカワ 1匹 カワムツ 1匹
毛バリで初めて釣ったオイカワ
2匹目はカワムツでした。

そもそも、ヤマメやイワナ用の毛バリを、そのままオイカワに使う事が間違い。
オイカワ達は頻繁にアタックしていたのに、ハリが大きすぎて、口に収まっていませんでした。

なので早速、アマゾンで小さな毛バリを購入。
さらに、アニメ釣りキチ三平の「毛ばりの神サマ」を見て勉強しました。

次はもう少し釣れるといいな。

スポンサーリンク

-釣行記
-, , ,

© 2022 今日も小物釣り Powered by AFFINGER5