いきもの調査 釣行記

4月25日 タナゴ釣りと春のお散歩

スポンサーリンク

まずはタナゴの繁殖地を釣査

この前日、4月24日は、タナゴの数釣りを堪能しました。
数で満たされると、次は綺麗な婚姻色のオスを釣りたくなります。
この日は、繁殖地の釣り場に向かいました。

2021年4月25日 静岡市内 はれ 9時25分〜10時25分 水温19.5℃

この釣り場は、蚊が多いのが難点。
そろそろ虫除けスプレーの出番です。

このスプレーは、蚊にはもちろん有効ですが、
アメンボがウキにアタックしてうるさい時に、
アメンボにスプレーすると、撃退することができます。
薬効成分のおかげというよりは、
エタノールの影響のような気もしますが。

いずれにしても、これからのシーズンの必需品です。

スプレーで防御してから、釣り開始。
1.8mのウキ釣りで、黄身練りを餌に綺麗なオスタナゴを狙います。
この釣り場は、濁りでイトウキが全く見えないので、
親ウキでアタリをとります。

例年よりもアタリは少ないですが、
そこそこのペースでタナゴが掛かります。
メスの産卵管はかなり伸びていますが、オスの発色は今ひとつ。
期待通りにはいかないようです。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 25匹
  • ゲスト なし
オスの婚姻色はあと一歩。もう少し赤が欲しいところです。
メスの産卵管はかなり伸びています。

この釣り場、今のところ例年の勢いが感じられません。
今後に期待したいところですが・・・。

釣りの後はお散歩

釣りの後、麻機遊水地第四工区をお散歩しました。

この辺りは、小学生の頃からの私のホームグランドですが、
昔に比べて魚も鳥もずいぶん減ってしまいました。
目立つのは、カルガモやオオバンなど、いつものメンバーばかり。

カルガモのペア。水草や小魚を食べていました。

フナの群れもいましたが、あまり元気が無い様子。
全くやる気が感じられません。

フナの群れ。怪我をしている個体がいるなど、状態が良くないように見えます。

小魚も居ますが、メインはオイカワのようです。

ヤナギの木で、お気に入りの蝶「コムラサキ」の幼虫を探しましたが、
見つけられないまま、いきなり雨に降られてしまいました。
木陰で雨宿りして、小降りになったところで、
ウシガエルの声を聞きながら帰宅しました。

家に着く頃雨があがったので、近所でお散歩の続き。

家の前の川を眺めると、不自然に波立っています。
原因は、川底を歩くスッポンでした。
私の視線を感じたのか、石の下に頭を突っ込んで固まったので、
思わず川に入り、手掴みで捕獲してしまいました。

この辺りをお散歩する方は多いですが、
散歩のついでにスッポンを捕まえるモノ好きは、かなりの少数派。
その私に見つけられてしまうとは、運の悪いスッポンです。

このスッポン、人間で言えば高校生ぐらいでしょうか。
ちょうど持ちやすいサイズです。

正しいスッポンの持ち方。甲羅の後ろ側(エンペラ)を掴みます。クビが長いので適当に持つと噛まれます。
かなりお怒りのご様子。噛みつかれたら大変。

撮影後は、元の場所にお帰りいただきました。

我が家の周りは田園地帯。
これから梅雨にかけて、繁殖期を迎えたスッポン達が集まってきます。

スッポンに感じる春の訪れ。いよいよ春本番です。

スポンサーリンク

-いきもの調査, 釣行記
-

© 2021 今日も小物釣り Powered by AFFINGER5