釣行記

4月17日 雨のタナゴ釣り

スポンサーリンク

パラソルさしてタナゴ釣り

この日は朝から雨。午後は土砂降りの予報です。

1週間前の4月10日に数釣りを楽しんだ釣り場からは、
タナゴの影が消えていました。
群れは移動を続けているようです。

雨で増水する前に、
まずは繁殖地の釣り場に向かいました。

2021年4月17日 静岡市内 雨 8時45分〜9時45分 水温14.8℃

前回は水温22℃でしたが、今回は15℃ほど。かなりの温度差です。
濁りがキツくて水中が全く見えないので、
魚が少ないのか、活性が低いのかはわかりませんが、
アタリが遠く、ペースが上がりません。
この時期としては、場所替えを考える釣れ具合ですが、
雨の中の移動は面倒なので、そのまま釣り続けました。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 20匹
  • ゲスト なし

メスの産卵管がかなり伸びてきました。
そろそろ産卵が始まっていそうな雰囲気です。
この時期この場所には、もっとタナゴが集まってもよいと思うのですが・・・。

スポンサーリンク

午後は増水時用の釣り場へ

午前の釣りは不完全燃焼。
午後は、本格的な雨が降ってくる前に、
別の釣り場に出かけることにしました。

3月28日に入った場所は、雨で増水してもタナゴ釣りが楽しめます。
前回はイマイチでしたが、(前回3月28日の様子はこちら。)
昨年も、4月にはちゃんと釣れていますので、
過去の実績を信じて竿を出すことにしました。

2021年4月17日 静岡市内 雨 14時00分〜15時00分 水温16.0℃

群れが定着している釣り場ではないので、
ここでは、コマセでタナゴの足を止めます。

イスにパラソルとコマセカゴをセットして釣り開始です。
(パラソルについてはこちら。コマセについてはこちら。)
竿と仕掛けは1.2mのウキ釣り。
水深は70cm程。コマセカゴを宙層に固定して、浮いてきたタナゴを狙います。

始めはスローペースでしたが、
時間経過と共にタナゴが集まりペースアップ。
鯉に追われて散り散りになっても、
すぐにまた集合して黄身練りを追います。

雨が強くなり、ウキが見え難くなったところで、
予定の1時間が終了しました。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 53匹
  • ゲスト なし

雨の中でもちゃんと楽しめました。
昨年と同じ場所で、同じように釣れると、なんかホッとしますね。

スポンサーリンク

-釣行記
-

© 2021 今日も小物釣り Powered by AFFINGER5