いきもの調査 釣行記

10月23日 タナゴ動画とユリカモメ

スポンサーリンク

2つのカメラでタナゴ釣りを撮影

この秋は海釣りで負け続き。
タナゴに慰めてもらってばかりです。

この日もタナゴ釣りの準備を始めましたが、外をみるとスッキリした秋晴れ。
動画の撮影にはもってこいです。
雨の心配がないので、水中撮影に加えて、別カメラで水面の様子も撮影してみることにしました。

2021年10月23日 静岡市内 はれ 10時00分〜10時50分 水温18.5℃

釣り場は9月12日に水中撮影を行ったポイント。(9月12日の様子はこちら
水中撮影は、前回同様GoProHERO8で行います。
水面の撮影には、娘が使っているキャノンPowerShotSX730HSを選びました。

釣りそのものは、いつも通り、1.2mの竿での浮き釣り。
GoProの電池が尽きるまで、1時間弱タナゴを釣って、親ウキやイトウキの動きなどを撮影します。

2つのカメラの撮影エリアを意識しながらなので、少し窮屈な釣りですが、活性はそれなりに高く、次々とタナゴが掛かります。

今回も鯉がやってきて、タナゴを追い散らす場面もありましたが、すぐに群れが戻り、また掛かるようになりました。

ウキの動きが画面でわかるように、大きくて重い仕掛けを使いましたが、私の適当な釣り方ではあまり影響がない様子。
カメラの電池切れまで、いつもと変わらないペースで釣れ続きました。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 40匹
  • ゲスト なし

カメラ2台ともなると、撮影の準備と片付けがなかなか大変。
下手をすれば、釣りそのものよりも時間がかかります。

撮影は、たまにする位がちょうどいいですね。

帰宅後、撮った映像を1本の動画に編集。
編集作業は楽しく、勉強にもなりました。

完成した動画はこちら。↓

ひたすらタナゴを釣り続けるだけの内容で恐縮ですが、ご覧いただけますと幸いです。

スポンサーリンク

イルカのはずが・・・カモメウォッチング

現在、清水港には、野生のイルカが住み着いています。
10月9日に娘と清水港の遊覧船に乗った際には、運良くイルカに会うことができました。

この日の午後は、前回参加できなかった妻と一緒に、同じ遊覧船に乗ることになりました。

この日は富士山を見ることができました

期待を胸に出航しましたが、結局この日、イルカは姿を見せてくれませんでした。

イルカの代わりに私達を迎えてくれたのはウミネコ。
船の周りに続々と集まってきます。

ウミネコはクチバシの先の黒が目印

しばらくすると、ユリカモメもやってきました。

ユリカモメは、毎年11月から3月にユーラシア大陸方面から飛来するとのこと。
数はまだ少ないですが、既に到着しているユリカモメもいるようです。

ユリカモメは少し小柄でクチバシと足は鮮やかな赤色

鳥達のお目当ては餌。
乗客がお菓子などを鳥達に与えるため、群れになって遊覧船を追いかけてきます。
この日は、お子様が「かっぱえびせん」を振る舞っていました。

右上や下段中央のユリカモメは「かっぱえびせん」を咥えています

クルーズが終わると、鳥達は港内に着水して待機。

別の遊覧船や水上バスが来たら、また出動するのでしょう。

ネットでイルカ目撃情報を確認したところ、24日の日曜日は何度も目撃されたようです。
この土曜日、イルカ達はたまたまお出かけしてしまったのかもしれません。

結果的にカモメウォッチングになってしまいましたが、我が家は鳥も大好き。
カモメ達のおかげで、楽しいひとときを過ごすことができました。

我が家にもアサギマダラが飛来

妻は私以上のチョウチョ好き。
先日、フジバカマに集まるアサギマダラを目の当たりにした妻は、楽天市場でフジバカマをポチりました。

到着したフジバカマをプランターに植え、庭に置いたところ、早速アサギマダラが羽を休めにやってきました。

我が家にやってきたアサギマダラ

もともとアサギマダラの通り道だったのかもしれませんが、空の上からたった数本のフジバカマを見つけるなんて、アサギマダラは大したものです。
それとも、すごいのはフジバカマの方なのでしょうか。

生き物は、本当に不思議で面白いですね。

スポンサーリンク

-いきもの調査, 釣行記
-, , , ,

© 2021 今日も小物釣り Powered by AFFINGER5