釣行記

10月22日・23日 秋のフナ釣り・タナゴ釣り

スポンサーリンク

すっかり秋になって、静岡市内にもアサギマダラが続々と飛来しています。
この週末には、我が家のフジバカマにも、蜜を吸いに来てくれました。

とはいえ、庭のフジバカマは数株だけ。
やって来るアサギマダラも、ほんのちょっとです。

土曜日に1頭。

日曜日に1頭。

アサギマダラは半日ほど居座って、ねちっこく蜜を吸っていきます。
チャンスにしっかりと燃料補給をしなければ、長旅を乗り切れないのでしょう。

10月22日 検査のあとのタナゴ釣り

この日は人生初の大腸内視鏡検査。
朝5時に起きて2時間下剤を飲み続け、検査前からげんなり。

全身麻酔で意識が無いまま検査が終わり、ポリープも取ってもらいましたが、お昼過ぎまで麻酔が残って、ひたすら寝て過ごしました。

それでも15時を過ぎる頃には、麻酔もすっかり抜けて活動開始。
こうなるとすぐに沼が恋しくなります。

時間も無いので、このところ安定している釣り場に向かいました。

台風後の濁りも、少しはマシになってきました。
いつも通りコマセをセットして、釣り開始です。

2022年10月22日 静岡市内 はれ 15時30分〜16時30分 水温20.3℃

竿は1.2m。
エサはいつもの黄身練りです。

仕掛けを入れると、すぐに反応あり。
深めのタナに、良型のタナゴが群れているようです。

バラしが続いたのでハリを新品に替えましたが、その後も掛かりはイマイチ。
水温も下がってきたので、そろそろ、黄身練りを柔らかく練らなければいけないようです。

それでも、飽きない程度のペースでタナゴが掛かり、癒しには十分な釣果。
最後に小ブナが掛かったところで時間切れ終了となりました。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 43匹 フナ 1匹
  • ゲスト オイカワ 3匹 モツゴ 1匹

夕暮れの空を眺めながら帰宅。
秋っぽくて良い感じだなぁ。

スポンサーリンク

10月23日 夕まずめのマブナ釣り

日曜日も朝から沼をうろつきましたが、めぼしい釣り場は見つかりません。

途中でサクラタデの群落の様子を見てみましたが、こちらは例年通り綺麗に咲いていました。
先日の台風で完全に水没したはずですが、見た目以上に逞しいようです。

結局この朝も、タナゴの群れが見つからないまま時間切れ。
やはり台風の影響でしょうか。
随分と小魚が減ったように感じます。

この日は、夕方にも少し時間が取れました。
タナゴ探しも成果が上がらないので、久々にフナを狙うことにしました。

お気に入りのフナ釣りポイントに到着。

足もとから、15cmほどの魚が逃げて行きました。
一応遊べそうな雰囲気です。

2022年10月23日 麻機遊水地 はれ 15時30分〜17時00分 水温18.5℃

3.6mの竿に、フナ用のシモリ仕掛け。
ハリはヘラスレ3号を使います。

練り餌だとオイカワやモツゴがうるさいので、エサはミミズを選択。

ツンツンと小魚のアタリが続いたあと、シモリウキがゆっくりと動き始めました。
アワセを入れると、浮いてきたのはコイっ子。

しばらくコイっ子が続きましたが、16時を過ぎた頃、待望のフナが掛かりました。

その後もフナが連続ヒット。

16時30分頃まで、コイっ子混じりでアタリが続きました。
やっぱり、フナ釣りでも時合いってあるんですね。

最後にライギョが掛かりましたが、掛かりが浅かったのか外れてしまいました。
ミミズで釣っていると、結構ライギョが掛かります。
せっかくなので、釣り上げたかったな・・・。

  • 釣果  フナ 4匹
  • ゲスト コイっ子 5匹

フナは色が渋くて綺麗ですし、形もカッコ良い。
眺めていると、なんだか嬉しくなります。
小学生の頃からフナ釣っていますし、思い出補正もかかっているのかもしれません。

スポンサーリンク

-釣行記
-,

© 2022 今日も小物釣り Powered by AFFINGER5