釣行記

10月1日 豪雨の後のタナゴ釣り

スポンサーリンク

台風15号が通過して1週間。
10月に入って、近所の田んぼも黄金色に染まりました。

既に収穫を終えた場所もあります。

酷い雨でしたが、田んぼはいつも通りの秋を迎えています。

水路には、増水後に取り残されたライギョ。
魚達は広範囲に移動したようです。

お気に入りのオイカワポイントは、上流からの土砂で、すっかり埋もれてしまいました。

台風15号通過後の様子(10月1日)

台風前は、楽しく気持ち良い場所だったのに・・・。

台風前の様子(令和4年8月)

オイカワと私とカワセミにとっては残念な状況。
逆にサギ達は、楽なエサ場が増えて喜んでいるようです。

それでも数年もすれば、この場所も元の状態に戻るはず。
それまでは、別の場所で遊ぶ事にします。

台風後のタナゴ探し

まずはタナゴを探さなければ。

豪雨から1週間が過ぎましたが、どの釣り場もまだ濁りが残っています。

何箇所か覗く中で、やっと小魚の気配を察知。
早速竿を出してみました。

2022年10月1日 静岡市内 はれ 9時15分〜10時15分 水温22.1℃

竿は1.8m。エサは黄身練りです。
あちこち仕掛けを入れてみましたが、掛かるのはオイカワばかり。

水草の際を重点的に攻めると、オイカワ・モツゴと続いて、やっとタナゴが顔を出してくれました。

その後もオイカワに混ざってポツポツとタナゴが掛かります。
数は多くありませんが、綺麗なオス主体で、気持ち良い引きを楽しめました。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 20匹
  • ゲスト オイカワ約20匹 モツゴ1匹

他の場所を見て周りましたが、台風前まで釣れていた場所はどこも沈黙。
タナゴのお引越しは完了しているようです。

2014年の台風18号通過後、この地域のタナゴは随分と減ってしまいました。
せっかく回復してきていたに、今回また大きな影響を受けてしまったかも。

それでも、一応タナゴの顔を見ることができて、まずはホッとしました。

スポンサーリンク

-釣行記
-

© 2022 今日も小物釣り Powered by AFFINGER5