釣りの道具

温度計(タナゴの釣果と水温について)

スポンサーリンク

水温を測って生態調査

漫画「釣りキチ三平」の2巻「カルデラの青鮒」では、三平くんたちは、青鮒のタナの水温を測っています。
「魚は自分に適した水温の層をタナにして住んでいる。水温を目安にしたタナを狙えば釣れる。」とのことです。

三平くんや一平爺さんの言うとおり、水温は釣果を左右する重要な要素。
静岡市内の沼は浅く、タナによる温度変化は小さいですが、釣り場の水温をこまめに測定すれば、何か見えてくるかもしれません。
そうは言っても、毎回釣り場に水温計を沈めるのは面倒です。

なので私は、水面の温度を簡単に測定できる非接触温度計で、釣行時の水温を記録しています。

タナゴ釣りで、1年分以上の水温のデータが集まったので、一旦集計してみることにしました。

スポンサーリンク

タナゴ釣りに適した水温は?

以下の表は、1時間あたりのタナゴの釣果を、水温ごとに集計したものです。
ゲストについては、それぞれの水温の範囲で、その魚が1匹以上釣れた釣行の割合を示しました。

NO.水温(℃)タナゴの匹数/1時間
(平均)
釣行回数
(総数223回)
オイカワが釣れた
釣行の割合
カダヤシが釣れた
釣行の割合
モツゴが釣れた
釣行の割合
3.1〜4.933540%80%
5.0〜7.4171060%80%
7.5〜9.9402623%27%
10.0〜12.4442627%19%
12.5〜14.9302133%29%
15.0〜17.4372343%13%13%
17.5〜19.9343551%9%14%
20.0〜22.4523057%7%13%
22.5〜24.9482167%33%5%
1025.0〜27.4401346%46%23%
1127.5〜29.925978%56%56%
1230.0〜30.633475%75%75%

NO.1からNO.4までの低水温時、タナゴ達は越冬場所で群れています。
その中でNO.3とNO.4では、水温上昇に伴ってタナゴの活性が上がり、釣りやすくなってきます。

さらに水温が上昇したNO.5からNO.7では、タナゴ達は越冬場所以外でも広く活動しています。
越冬場所で数釣りを楽しむこともあれば、移動中の群れを捉えきれずに苦戦することもあります。
釣果は安定せず、平均するとやや少なめになります。

水温が20℃を超えたNO.8とNO.9では、タナゴ達は条件が良い場所で大きな群れをつくり、とても釣りやすくなります。特にNO.8は、タナゴの活性が高い一方で、カダヤシはそれほど活発ではないので、ストレスなく入れ掛かりを楽しめます。

高水温期のNO.10からNO.12では、タナゴの活性はやや低下します。
特にNO.11とNO.12になると、水温が相対的に低い場所に、タナゴもゲストも集合するため、釣り分けが難しくなります。

タナゴ釣りに適した水温は20℃から25℃。
カダヤシは25℃以上で活発になるため、水温が高い時期には、仕掛けを重くするなど、カダヤシ対策が必要になります。
モツゴは幅広い水温に適応し、特に低水温時には、タナゴよりも素早く餌を追います。

オイカワは、水温というよりも酸素濃度に影響を受けるイメージ。
水に動きがあれば、幅広い水温で活発に活動します。
オイカワはタナゴと違って流れを好むので、タナゴとの釣り分けは比較的簡単です。

データ収集は、まだ始めたばかり。
今後も水温測定を継続し、折を見て集計し直すことで、情報の精度を高めたいと思います。

スポンサーリンク

-釣りの道具
-

© 2021 今日も小物釣り Powered by AFFINGER5