いきもの調査

クワガタ材割採集2021 完結篇

スポンサーリンク

続々とコクワガタ

令和3年2月、冬タナゴの合間に、クワガタの材割採集をしました。
(2月6日の様子はこちら、2月11日の様子はこちら

狙いはヒラタクワガタでしたが、大きな幼虫は採れず、小さな幼虫を約30頭連れ帰りました。

5月上旬、コクワガタ達が次々と羽化しました。
(コクワガタ達の羽化の様子はこちら

結局6月末までに、コクワガタのオスが14頭、メスが16頭、合計30頭が無事成虫になりました。

コクワガタ達には3週間ほどエサを与え、採集場所のヤナギの森に戻しました。

コクワガタ達は山に帰って行きましたが、手元には、成長が遅いのんきな幼虫が残りました。

スポンサーリンク

最後に残ったのは・・・ヒラタクワガタ

2月11日に割り出したこの個体。
大きめのコクワガタかと思いましたが・・・。

2月11日、採集当日に撮影。

コクワガタ達が次々と蛹化・羽化する中、この個体は幼虫のままスクスクと成長。
7月に入り、やっと前蛹になりました。

7月11日、前蛹状態の幼虫。サイズ的にコクワガタではなさそう。もしかして・・・。

7月13日に蛹化。顎の形から、ヒラタクワガタのオスに間違いありません。

ヒラタクワガタの蛹。まだ身体が透けて見えます。
7月23日、目が黒くなりました。
7月31日、頭や顎・脚が茶色くなってきました。

羽化目前の8月1日、動画撮影の準備をしました。

1秒間に1コマ撮影。60倍速の動画に編集します。

8月2日の午前5時頃、羽化が始まりました。

ヒラタクワガタの羽化(60倍速) ピンボケですみません。

無事に羽化が完了しました。

8月2日午後8時頃の様子。前翅も茶色くなりました。

体長60mm。なかなか立派なヒラタクワガタです。

8月4日午後9時頃の様子。ほぼ乾燥終了。ピカピカの新成虫です。

今年採集した幼虫は全て羽化完了。
たった1頭ですが、狙いのヒラタクワガタを採る事ができました。

せっかくなので、このクワガタは飼育して、冬になったらお嫁さんを探しに行くことにします。
次は、ヒラタのマンション、見つかるでしょうか。

おまけ

8月4日の午後8時過ぎ、仕事帰りに近所のコンビニに寄ったところ、駐車場でメスのクワガタを見つけました。

「早速、お嫁さんか?」と期待しましたが、こちらはノコギリクワガタでした。残念。

人やクルマに踏まれてもいけないので、とりあえず回収。
ノコギリクワガタの寿命は短いので、次の週末にでも、山に連れて行くことにします。

スポンサーリンク

-いきもの調査
-,

© 2021 今日も小物釣り Powered by AFFINGER5