釣行記

9月10日・11日 カワハギとタナゴ(その2)

スポンサーリンク

2022年の「中秋の名月」

9月10日は中秋の名月。しかも今年は満月と重なっています。
昨年の中秋の名月は9月21日でしたが、曇り空でお月見ができませんでした。

今年も日没直後は曇っていましたが、22時過ぎにスッキリ晴れたので、キレイなお月様を撮影。

昨年の宿題がやっと片付きました。

スポンサーリンク

9月10日 大潮のカワハギチャレンジ

前週の9月4日、静岡市内の三保海岸で、久しぶりにカワハギを釣りました。
昨年はまるでダメでしたが、今年は少し期待が持てそうです。

魚は、釣れる時に釣っておかなければ。

この日は気合を入れて、朝から釣り場に向かいました。

前回空いていた浜も、この日は釣り人だらけ。大潮だからなのでしょうか。
ちなみにほとんどの方が、回遊魚狙いのショアジギング。
皆さん、熱心にキャストを繰り返しています。

私は浜の隅っこに陣取って、投げ釣りスタートです。

2022年9月10日 静岡市清水区三保 くもり 5時45分〜9時15分 

三保は潮通しがよく、大潮のこの日は、潮が川のように流れています。
この状態、回遊魚狙いには良いのかもしれませんが、カワハギ狙いには向きません。
しかも釣行時は引き潮の時間帯。

三保のカワハギ釣りで、大潮・引き潮の時には、良い思いをしたことがありません。
潮止まり前後では釣れることもあるので、魚が居ないわけではないと思うのですが・・・。

もしかしたらカワハギは、流れが早すぎると、なかなかエサに辿り着けないのかも。

この日も、第一投目に掛かってきたのはキタマクラ。

やれやれ。先が思いやられます。

少し遠目の5〜60m付近では、オオモンハタが3連発。

相変わらず、オオモンハタが多いですね。
狙えば結構釣れそうです。

でも以前は、キジハタやマハタも釣れたのに・・・。

そしていつものチャリコ。

お決まりのメンバーは顔を出すものの、カワハギには、なかなかお目にかかれません。

30m以内の近場ではクサフグ。
一度「絶対にカワハギ」というアタリがありましたが、波打ち際で痛恨のバラシ。
自らチャンスを潰すなんて、ダメなパターンです。

8時を過ぎて諦めかけた頃、25m付近で再度カワハギのアタリ。
今度は慎重にやり取りして、なんとか本命ボウズを免れました。

この日、現場に居られるのは9時15分まで。
ここで釣り続けても、良くてあと1〜2匹といったところでしょう。
それなら、別エリアの様子を見た方が楽しそう。

一旦撤収して車に戻り、エリア移動です。

別の浜に入って準備完了。
ルアーの方は既に撤収していて、釣り場は閑散としています。

広く探るうちに、70m付近で本命がヒット。
待望の2匹目。移動して正解でした。

その後はチャリコが連発。投げる度に掛かってきます。
3本針にパーフェクトも達成。
海の中はチャリコだらけのようです。

60m付近でチャリコとカワハギのダブルが掛かりましたが、波打ち際で引き波に引っかかり、カワハギだけが沖に帰ってしまいました。

しばらく海を離れていたので、釣り方を忘れたようです。
浜で釣る時には、波のタイミングに合わせて、仕掛けを回収しなければいけないのに・・・。

その後もチャリコが続きましたが、終了間際、70m付近でカワハギのアタリ。
今度は、ラインの色を確認しながら、波のリズムに合わせて回収しました。

24cm。立派なオスのカワハギです。

ラストチャンスをモノにでき、満足したところで終了としました。

  • 釣果  カワハギ 3匹
  • ゲスト チャリコ 15匹 オオモンハタ 3匹 キタマクラ 2匹 クサフグ 1匹 

カワハギは日中でも釣れるので、早朝から釣り場に入る必要は無さそう。
ジョアジギングの方が帰った後で、広々と釣った方が結果が出やすいようです。

この時期、カワハギのキモはまだ小さいですが、身の味はバツグン。
今回のカワハギは、刺身で美味しくいただきました。

9月11日午後 タナゴ釣りで沈没

この日は午前中から沼を彷徨いましたが、タナゴの居場所は発見できず。

それでも、週に一度はタナゴを釣りたい。
あまり良い場所が思い浮かばないので、最後の砦、真冬用のポイントに向かいました。

2022年9月11日 静岡市内 はれ 15時30分〜16時30分 水温26.4℃

竿は0.73m、エサの用意は黄身練りだけです。

コマセを効かせると、すぐにタナゴ達が集まってきました。
しかし黄身練りへの反応が鈍く、糸ウキがなかなか動きません。

さらに、午前中から持ち歩いた黄身練りは、すっかり温かくなってユルユル。
エサ持ちが悪く、タナゴ達は、エサだけを吸い込んでいきます。

手持ちにグルテンはなく、ハリを換えても効果なし。

魚はいるので、ポツリポツリとは掛かりますが、全くペースが上がらないまま終了となりました。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 15匹
  • ゲスト なし

季節の変わり目で難しい時期ではありますが、それにしても不甲斐ない。

9月11日夕 秋のタナゴ釣り場探し

中途半端に時間が残りました。

そういえば、昼前に覗いた場所は、時間切れで充分確認していません。
このまま終わるのもどうかと、最後にその釣り場で試し釣りをすることにしました。

2022年9月11日 静岡市内 はれ 17時00分〜17時15分 水温27.0℃

水は濁っていますが、足下をよく見ると、たまにヒラ打ちが見えます。
何かいるのは間違いなさそう。

0.73mの竿で、ヒラ打ちに向けて黄身練りを送り込みます。

反応はイマイチですが、誘いをかけるうちにイトウキが動き、掛かったのは良型のオスタナゴ。

その後も良型主体でポツポツと釣れ続きました。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 5匹
  • ゲスト なし

コマセ無しでこれだけ釣れれば、この時期としては上出来。
しばらくは、ここでも遊べそうです。

スポンサーリンク

-釣行記
-, ,

© 2022 今日も小物釣り Powered by AFFINGER5