いきもの調査

6月11日 清水港イルカウォッチングツアー

スポンサーリンク

イルカウォッチングツアー開催

清水港には、2020年頃から、ミナミバンドウイルカが住み着いています。(参考情報

港内を巡る遊覧船では、たびたびイルカが目撃されています。
実際私も、2021年10月に娘と遊覧船に乗り、イルカを目撃しました。(その時の様子はこちら

清水港でイルカを目撃(2021年10月)

しかし、その後妻と遊覧船に乗った際にはイルカが現れず、再挑戦の機会を窺っていました。

そんな折、富士山清水港クルーズ株式会社のHPでイルカウォッチングツアーの告知を発見。
早速、親子3人で申込みました。

スポンサーリンク

きっぷ売り場はイルカ情報満載

当日、きっぷ売り場に到着。
売り場内のホワイトボードには、遊覧船やイルカに関する情報が掲載されています。

「イルカ目撃情報」によると、この日も昼からイルカが目撃されているようです。

「清水港イルカ目撃MAP」でコースを確認。

この日参加するのは、イルカウォッチングに特化したイベントクルーズ。
遊覧船「富士山清水みなとクルーズ」のコースのうち、イルカ目撃情報の多い、日の出埠頭から袖師埠頭までの区間を、ゆっくり1時間かけて往復します。

ちなみに料金は、大人1,800円、小児900円です。

そうこうするうちに乗船時間になりました。
前回と同じ遊覧船「ベイプロムナード号」に搭乗。
この船は3階が展望デッキになっていて、イルカウォッチングに最適です。

クルーズ船「ベイプロムナード号」

夕方16時、イルカウォッチングツアー出航です。

間近でイルカに会えました!

この日は小雨がパラついていましたが、風もなく波も穏やかでイルカ探しに適したコンディション。

ゆっくり進む遊覧船の展望デッキでイルカを探します。

袖師埠頭のガントリークレーン
JAMSTEC(海洋研究開発機構)の海洋地球研究船「みらい」

クルーズが中盤に差し掛かる頃、船内放送でイルカ発見のアナウンス。
船からかなり離れた場所に、イルカが現れました。

その後も、イルカ達は何度も姿を見せてくれました。
イルカの中には、子どもの姿も。

そのうちにイルカ達は少しずつ船に近づいて・・・。

船のすぐ側まで来てくれました。

この日撮影した動画はこちらです。

清水港イルカウォッチングツアー

野生のイルカを間近で見ることができて、大満足のイルカウォッチングツアーとなりました。

ツアー終了後、アンケートに答えることで、ご当地ドリンクまでいただいてしまいました。

こちらも美味しかったです。

今後のイルカウォッチングは定期便で

今回参加したイルカウォッチングツアーは、期間限定のイベントツアー。
かなり人気の企画だったようですが、2022年6月12日で、ひとまず終了となりました。

今後は、定期便でのイルカウォッチングになります。

定期便には、水上バスと遊覧船がありますが、イルカウォッチングには遊覧船がおすすめ。
展望デッキはイルカを探しやすいですし、今回のイルカ出没エリアも通ります。

十分、チャンスありですよ。

ツアー継続決定(2022年6月18日追記)

富士山清水港クルーズのHPで、イルカウォッチングツアーの継続が告知されていました。(告知はこちら

前回は4回の内3回、イルカが現れたとのこと。
かなりの遭遇率です。

静岡市内、県内の方はもちろん、県外の方も是非。

スポンサーリンク

-いきもの調査
-, , ,

© 2022 今日も小物釣り Powered by AFFINGER5