釣行記

5月1日 春のシロギス投げ釣り

スポンサーリンク

4月の投げ釣りは撃沈

私は1年中タナゴを釣っていますが、
春と秋は投げ釣りも楽しみます。

今年も4月10日の午後に、
静岡市清水区の「三保内浜海水浴場」でシロギスを狙いました。
第1投目、ゆっくり仕掛けを引きながらアタリをきいていたところ、
背後から忍び寄って来た野良猫に、
赤イソメを餌箱ごと持って行かれてしまいました。
釣り開始直後にして、続行不能です。

周辺は、静岡市内有数の野良猫の名所。
動物写真家の岩合光昭さんが、撮影に来られたこともあります。
新型コロナの影響で観光客が減り、猫たちは腹ペコに違いありません。

予想外の強敵の出現で、
今年初の海釣りは、何もできないまま終了してしまいました。

そんな最悪の釣行から3週間が経過。
そろそろ本格的にシロギスが釣れているはずです。
前回のダメージで、釣れるイメージが湧きませんが、
このまま海に行かないわけにもいきません。

・・・猫が居ない釣り場に向かって出発です。

スポンサーリンク

海でも小物釣り

かめや釣具清水店で赤イソメを入手。
シロギスについて、店員さんから、
「サーフは安定しません。港内が良いですよ。」
と、ありがたいお言葉をいただきました。

かめ様のお告げに従い、清水港に車を走らせます。

2021年5月1日 清水港内 曇りのち雨 9時00分〜11時30分

この日は中潮。満潮6時59分→干潮13時48分。
引き潮ですが、午前中は終始潮が動き、期待できる潮回りです。

久々の清水港。底は砂地ですがあちこちに根や障害物が有り、根掛かりは多いです。

ハリは、キススペシャル5号と6号を用意。
まずは5号の4本バリにしました。

私がキス釣りで使う仕掛。ハリの数を調節できて便利です。折りグセも無くてよく釣れます。

第1投目、75m付近のカケアガリでアタリ。
上がってきたのは18センチの本命、シロギスです。
意外にあっさりと坊主を脱出できて、ホッとしました。

この調子で釣れ続くと期待しましたが、
2匹目からは一気にサイズダウン。ピンギスが掛かり始めました。

結局、その後はまともなサイズが掛かる事なく、
2時間半、ポツリポツリとピンギスが釣れ続き、
ツ抜けしたところで、雨が降り始めたため終了としました。

  • 釣果  シロギス 10匹
  • ゲスト メゴチ
投げ釣りはハリを飲んでしまうことが多いため、ピンギスも含めて持ち帰り、美味しくいただきます。
ふっくら美味しい天ぷらになりました。

釣れたのは5号のハリばかりで、
6号では、結局1度も掛かりませんでした。
幹糸もハリスも同じ太さなのに、水中での挙動に違いがあるのでしょうか?謎です。

「今日も小物釣り」とはいえ、
もう少しマトモなサイズを釣りたいところですが、
まずは、今年初のシロギスを釣ることができて、満足しました。

やっぱり海も良いですね。

スポンサーリンク

-釣行記
-,

© 2021 今日も小物釣り Powered by AFFINGER5