釣行記

3月7日 タナゴの水中撮影(曇天でイマイチ編)

スポンサーリンク

GoProでの水中撮影に再挑戦です

再度水中撮影を試してみました。

別タイプの自撮り棒と延長パーツを用意し、
カメラの設定も変えて、使用感や写り具合を確認します。
釣り場は前回と同じ場所です。

2021年3月7日 静岡市内 くもり 14時05分〜14時40分 水温12.3℃

まずはコマセをセットしてタナゴを集め、
そのそばにカメラを固定します。

水の濁りは、前回よりも大分マシになりましたが、
厚い雲がかかって日差しが弱く、撮影には向かない天気です。
水の外は綺麗に撮れるものの、
水中は、薄暗くぼんやりした映像になってしまいました。

タナゴは多く、それ以外の魚は確認できませんが、
ときおりエビ(スジエビ?)がカメラの前を横切ります。
もう少し水温が上がると、エビの活性が上がって数も増え、
タナゴに混ざって釣れるようになります。

カメラの前を横切るエビ(映像右上はコマセカゴ)

タナゴの活性は相変わらず高く、仕掛けを入れるとすぐに黄身練りを食ってきます。
カメラ越しの釣りにも慣れてきて、
まずまずのペースで、タナゴが掛かるようになりました

群れの中から釣り上げられるタナゴ その1

群れの中から釣り上げられるタナゴ その2

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 30匹
  • ゲスト なし

天気に恵まれず、残念な映像になってしまいましたが、
カメラのセッティングには大分慣れました。
次回こそ、くっきりと綺麗な映像を撮りたいものです。

スポンサーリンク

-釣行記
-,

© 2021 今日も小物釣り Powered by AFFINGER5