釣行記

3月20日 まだまだ釣れる寒タナゴ

スポンサーリンク

冬の釣り場はタナゴだらけ

1週間前の天気予報ではこの週末は雨でしたが、
土曜日は、きれいに晴れました。
折角なので冬の釣り場の様子を見つつ、
水中撮影をすることにしました。

3月下旬になりましたが、まだ冬の釣り場が使えそうです。
透明度も割と高く、水中撮影にも適した状況です。

2021年3月20日 静岡市内 はれ 9時50分〜10時50分 水温16.9℃

タナゴは小型主体ですが、相変わらず数が多く、
まずまずのペースで掛かります。
前回よりも遅ジモリに調整した仕掛けも、
それなりに働いているようです。

黄身練りを吸い込むタナゴ達

今回はカメラのズーム機能を使ってみましたが、
ズームのしすぎで、画角が狭くなってしまいました。
なかなかうまくいきません。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 51匹
  • ゲスト なし

映像のとおり水の中はタナゴだらけですが、釣果は平凡。
ヘタ丸出しで、恥ずかしいかぎりです。

午後はまず春の釣り場へ

午後は、まず春の釣り場をいくつか覗きました。
どこも鯉やアカミミガメばかりで小魚の影が見えません。まだ早いようです。

そんな中、1箇所だけヒラ打ちが確認できたので、
竿を出してみました。

2021年3月20日 静岡市内 はれ 14時50分〜15時15分 水温18.9℃

この釣り場は、
例年、冬直前と春直前の短い期間だけ、タナゴが釣れます。
数は釣れませんが、ここに来ると、季節の移り変わりを感じます。

魚が警戒しやすい場所なので、1.8mの竿で離れて狙います。
黄身練りは食わず、グルテンには多少反応しますが、
例年よりもタナゴの数が少なく、全くペースが上がりません。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 5匹
  • ゲスト なし

いつも以上に冴えない結果ですが、
ここで釣れたということは、
春の釣り場もじきに釣れるようになるはずです。

最後にもう一つの冬の釣り場へ

もう一つの冬の釣り場でも、竿を出してみました。

2021年3月20日 静岡市内 はれ 15時35分〜16時20分 水温19.0℃

この釣り場も、まだタナゴはそれなりに居る様子で、
黄身練りを打ち込むたびに、イトウキが動きます。
しかし、明確なアタリが拾えず、マトモに掛けられません。
ウキ釣りから脈釣りに切り替えてもダメ。
やはり難しい釣り場です。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 11匹
  • ゲスト なし

日曜日は雷雨の予報。
この雨で、釣り場の状況が一変しそうです。

スポンサーリンク

-釣行記
-,

© 2021 今日も小物釣り Powered by AFFINGER5