釣行記

3月20日・21日 早春のタナゴ釣り

スポンサーリンク

この週末、静岡市内では、桜の開花が発表されました。
近所のソメイヨシノはまだ蕾ですが、3月末には咲き始めるはず。
お散歩が楽しい季節です。

我が家では、キバナイペーの蕾が膨らんでいます。
昨年は年明けの寒波で、蕾が全滅してしまいましたが、この冬は持ち堪えてくれました。
ソメイヨシノが散るころ、黄色く大きな花が咲き始めます。

こちらも楽しみ。

3月20日 冬の釣り場でバラタナゴ

ここ数日で随分と暖かくなり、雨も降りました。既に魚は移動を始めています。
春の釣り場をいくつか覗きましたが、小魚はいるものの餌には反応せず、釣りになりません。

例年3月はこんな感じ。
結局、冬の主戦場で手堅く楽しむ事になりました。

2022年3月20日 静岡市内 はれ 13時45分〜14時45分 水温14.3℃

小魚の行動範囲が広がり、魚影が薄くなっていますが、コマセを効かせると群れがまとまりました。
竿はいつもの0.73m。ハリは魅玄タナゴで、餌はタナゴグルテンと黄身練りを用意。

この日はタナゴグルテンが好調。
30匹程まで連続で掛かりましたが、その後は失速。
黄身練りに替えると、少しサイズアップして、色づいたオスが掛かりはじめました。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 45匹
  • ゲスト なし

ここはスジエビが多く、水温が上がると難しくなりますが、今年はまだ大丈夫。
他が釣りやすくなるまで、しばらくはこの釣り場がメインになりそうです。

スポンサーリンク

3月21日 越冬場所で小物の見釣り

この日も手持ちの釣り場を見回りましたが、どこもパッとしません。
全く釣らないのも勿体無いので、いつもは素通りする場所で竿を出してみました。

この場所は、年間を通じて水温が安定していて、小魚の影が絶えません。
透明度が高くて魚が警戒しやすく、たいして釣れませんが、何かしらは釣れる場所です。

なにより、誰も居ないのが魅力。
気兼ねなく、のんびりとした釣りを楽しめます。

2022年3月21日 静岡市内 はれ 10時00分〜10時30分 水温12.3℃

相変わらず底まで丸見え。
フナやオイカワ、バラタナゴが行き来しています。

魚達はこちらから離れたところに群れていて、1.8mの竿では少し短い感じ。
グルテン・黄身練りともに反応はイマイチですが、忘れた頃にポツリポツリと掛かります。

予想通りの寂しい釣果ですが、タナゴもオイカワも良型が混ざり、釣り味は楽しめました。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 2匹
  • ゲスト オイカワ

もう少し長い竿なら、もっと快適に楽しめたはず。
次にここで釣る時には、2.1mの竿を試してみます。

スポンサーリンク

-釣行記
-

© 2022 今日も小物釣り Powered by AFFINGER5