釣行記

2月19日・20日 春の気配の小物釣り

スポンサーリンク

2月も下旬に入り、だいぶ暖かくなってきました。
我が家のカメも、暖かい日には目を覚ましてひなたぼっこ。
春はもうすぐです。

2月19日 雨の小物釣り

前週の土曜日は、静かな雨の中で快適なタナゴ釣りを楽しむことができました。
この日の予報も雨ですが、前回の楽しさが忘れられず、午後から釣り場に向かいました。

釣り場は、前回2月13日と同じ深場のポイント。
現場に着くまでは、なんとか天気が持ちこたえていましたが、イスやコマセをセットする頃には雨が降り始めました。

2022年2月19日 静岡市内 雨 14時50分〜15時30分 水温9.3℃

前回同様、竿は1.8m。ハリは極タナゴ極小で餌は温泉卵です。
開始直後から反応がありますが、なんだかもっさりしたアタリ。
前回とは雰囲気が違います。
アワセを入れるとずっしりした手応え。
暴れもせずに底ダナから浮いてきたのは、フナでした。

次に掛かったのはバラタナゴ。

その後はフナとタナゴが半々の割合で釣れ続きました。
「次はどっちが釣れるかな」
なんて思いながら竿を振っていましたが、ふと気づくと、やけに静か。
足元を見ると、エアポンプが電池切れで止まっています。
そういえば電池交換を忘れていました。

フナもタナゴもツ抜けせず不完全燃焼ですが、雨脚も強くなり、居心地が悪くなってきたので、早めに切り上げることにしました。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 8匹、フナ 7匹
  • ゲスト モツゴ

この釣り場は例年タナゴとモツゴが多いのですが、今年は結構フナも掛かります。
フナとタナゴの二本立て。お得な釣りを楽しめました。

スポンサーリンク

2月20日 お昼は近所をお散歩

日曜日の朝は曇り空でしたが、お昼頃には気持ち良い天気になりました。
折角なので家族で近所をお散歩です。

河津桜があちこちで咲いています。

沼のほとりでは、菜の花も咲き始めていました。

梅は満開。
春の気分が盛り上がります。

昼食は、近所のお蕎麦屋、利蔵(とくら)さんへ。
三味(さんみ)蕎麦を美味しくいただきました。
イクラ・納豆・海藻サラダの3つの味を楽しめて1,000円とリーズナブル。
今回はサービスで蕗の薹の天ぷらまで付けていただき、春を味わうことができました。

お昼を過ぎると強風が吹き始め、体感温度は急降下。
やはり簡単には春は来ないようです。

2月20日 午後は強風タナゴ釣り

日曜日の午後はタナゴ釣り。

久しぶりに、初冬・春先の釣り場を覗いてみました。
石積みの小さな水溜りで、石の隙間で小魚が越冬しています。
春が近づいて来ると、タナゴ達は隙間を抜け出して、石の側を泳ぎ始めます。

今回も石の陰に目を凝らすと、小さなタナゴが行き来していました。

石の陰にぼんやりとタナゴが写っています。

もともと数は望めない釣り場。
しかもまだ水温も低く望み薄ですが、試しに竿を出してみました。

2022年2月20日 静岡市内 はれ 13時40分〜14時40分 水温10.9℃

透明度が高く浅いため、長めの1.8mの竿で距離をとります。
ハリは極タナゴ極小、餌は温泉卵です。

石の陰に仕掛けを入れると、ポツリポツリとタナゴが掛かります。
しかし強風で思うように仕掛けが操作できず、癒しとは程遠い状況。
今回は観察がメインの釣行とはいえ、もう少し釣れてくれないと楽しくありません。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 9匹
  • ゲスト なし

地上では春の気配を感じますが、水の中はまだまだ冬のようです。

スポンサーリンク

-釣行記
-,

© 2022 今日も小物釣り Powered by AFFINGER5