釣行記

2月13日 春の気配のタナゴ釣り

タナゴも春を感じているようです

冬のメインの釣り場は、この年末年始は不調でしたが、
2月に入って調子が戻りつつあります。
今回も、まずは癒し重視で、この釣り場のお世話になりました。

2021年2月13日 静岡市内 くもり 9時10分〜10時10分 水温9.9℃

釣り場に着くと、
水面に小さな波紋がいくつも広がっています。
暖かくなったせいか、小魚達はかなりヤル気があるようです。

いつも通りコマセを入れて、釣り始めると、
こちらが何も考えなくても、
タナゴ達が先を争ってエサを追い、イトウキを引っ張ります。
少し掛かりが悪くなっても、タナを合わせればまた掛かり始め、
1時間コンスタントに釣れ続きました。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 57匹
  • ゲスト なし

この釣り場も、やっと本来の雰囲気になってきました。
例年4月初旬まで釣れ続きますが、今年はどうでしょうか。

午後は、かつてのメインポイントへ

午後も時間が取れたので、
別の釣り場を覗いてみることにしました。

2021年2月13日 静岡市内 くもり 13時10分〜14時20分 水温13.9℃

午後の釣り場は、かつての冬のメインポイントです。
10年ほど前は、厳寒期でも1時間で70〜80匹釣れる鉄板ポイントでしたが、
2014年10月に、台風18号が静岡を直撃したあと、釣れなくなり、
いまだに調子が戻っていません。

1.05mの竿を選び、水深を踏まえて、やや重めのウキ仕掛けを結びました。
こちらもタナゴの越冬場所ではありますが、数は多くないので、
小さく移動しながら、探り釣りでタナゴを拾います。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 14匹
  • ゲスト なし

たいした釣果は得られませんが、
イメージ通りの釣りで一応は釣れたので、
まぁ、よしとします。

-釣行記

© 2021 今日も小物釣り Powered by AFFINGER5