釣行記

12月31日 大晦日もタナゴ釣り

スポンサーリンク

毎年恒例 タナゴで釣り納めです

ここ数年、大晦日にタナゴを釣っています。
今年は、このところ釣れているポイントを巡って、
1年を締め括ることにしました。

2020年12月31日 静岡市内 はれ 9時30分〜10時30分 水温6.6℃

まずは、12月19日に脈釣りを楽しんだポイントです。
オイカワばかりの日もありましたが、今回覗いたところ、
タナゴの群れが確認できました。
水量が減って流れが止まっていたため、今回は1.5mの浮き釣りにしました。

タナゴはかなり居ますが、食い渋ってなかなか掛かりません。
温泉卵には、たまに反応する個体が居ますので、
ねちっこく誘って、ポツリポツリと拾っていきます。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 9匹
  • ゲスト なし

スローペースでツ抜けもできないまま終了となりました。

12月30日午前にタナゴを釣った場所も覗きましたが、
タナゴが水草の下に隠れており、釣りはできませんでした。
もう少し水温が上がらなければ、難しい場所のようです。

スポンサーリンク

2箇所目でも苦戦

次は、12月30日の午後、爆風の中で脈釣りをしたポイントです。

2020年12月31日 静岡市内 はれ 11時00分〜11時20分 水温4.4℃

こちらも、今回は風も流れもないので、1.5mの浮き釣りです。

タナゴグルテンでは、オイカワとモツゴが連発。
温泉卵と黄身練りは食い渋りと、難しい状況ですが、
温泉卵で粘ったところ、タナゴが2匹掛かりました。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 2匹
  • ゲスト オイカワ、モツゴ

タナゴ率は2割強といったところ。
この時期、タナゴが釣れるだけでもありがたいとはいえ、
もう少し、タナゴを狙って釣りたいところです。

3箇所目で衝撃

次は、厳寒期の鉄板ポイントに入りました。
午前中の釣りで溜まったストレスを、ここで発散する予定でした。

2020年12月31日 静岡市内 はれ 14時30分〜15時30分 水温6.3℃

この場所には、12月27日にも入っています。
今シーズンは、例年よりもタナゴが少ないと感じていましたが、
前回も一応は、タナゴを釣っています。
しかし今回は、釣り場にタナゴの気配がありません。

コマセを入れても、付け餌を変えても反応なし。
あまりの釣れなさに、眠くなってきます。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 3匹
  • ゲスト なし

写真を撮る気も失せました。
何も考えなくても釣れるはずのポイントが、今シーズンは消失しました。
先日の、季節外れの暖かい雨の影響で、
タナゴが一斉にお引越ししてしまったようです。

2021年、1月から2月の私の癒しが、風前のともしびです。

帰り道、もう1箇所覗きました

打ちひしがれて、そのまま帰ろうとも思いましたが、
もう少し足掻こうと思い直し、寄り道することにしました。

2020年12月31日 静岡市内 はれ 16時05分〜16時15分 水温6.5℃

最後に寄った場所は、
4月から5月に、良型タナゴの数釣りが楽しめる場所です。
春以外にはタナゴを釣ったことがありませんが、
水深が1m以上の場所もあり、冬にも期待が持てるポイントです。

到着して水面を眺めていると、時々小さな波紋が広がります。
夕方に、このような波紋が見えるのは、小魚のサインです。
日没間近ですが、少し竿を出すことにしました。

仕掛けを投入すると、すぐにアタリが出ます。
あがって来たのはモツゴ。その後もモツゴが続きます。
モツゴを釣りながら、足元のカケアガリを見ると、
良型タナゴのヒラ打ちが確認できました。
タナを合わせてそのエリアを狙うと、
すぐに良型の♂タナゴが掛かりました。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 3匹
  • ゲスト モツゴ

この冬、鉄板ポイントが消えて先行き不安の中、
1つでも冬の釣り場が増えるのは、とても嬉しいです。
少しだけ、2021年に希望が持てました。

本年はありがとうございました

10月から始めたこのブログ。
バラタナゴを釣るばかりの内容に、お付き合いいただきまして、
大変ありがとうございました。

2021年も、何卒よろしくお願い申し上げます。

スポンサーリンク

-釣行記
-

© 2021 今日も小物釣り Powered by AFFINGER5