釣行記

11月28日 晩秋のタナゴ釣り

今週も飽きもせずタナゴを追います

2020年11月28日 静岡市内 はれ 9時20分〜10時20分 水温18.2℃

まず、11月23日のポイントに行きましたが、今回はそれほど魚影が目立ちません。
次に、11月21日のポイントを覗いたところ、そこそこの群れが確認できました。
コマセを入れれば楽しめそうなので、ここで始めることにします。
ウキ釣りでも楽しめる場所ですが、
風がそれなりに吹いていることと、タナゴが底に張り付いていることから、
今回も脈釣りにしました。

コマセへの反応はイマイチで、カゴは突きませんが、
集まっては来ますので、それなりにコマセの効果はあるようです。
黄身練りとタナゴグルテン、どちらにもそこそこ反応があり、
程よいペースで掛かってきます。
食い渋っても、餌を切り替えると、また掛かります。
まずまずのペースで1時間、釣れ続きました。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 51匹
  • ゲスト オイカワ

大分寒くなってきましたが、タナゴはまだまだ元気です。

午後はポイント巡りに充てました

用事を済ませて、午後は手持ちのポイントの状況確認です。

秋のポイントをいくつか覗きましたが、
どこも1時間に10〜20匹釣れるかどうかの雰囲気で、ぱっとしません。
冬のポイントも見て廻りましたが、こちらは、まだこれからといった感じで、
魚影はまばらでした。
一通り廻って、少し時間が残りましたので、
初めての場所で竿を出すことにしました。

2020年11月28日 静岡市内 はれ 15時55分〜16時20分 水温14.2℃

透明度が低く、群れもヒラ打ちも確認できませんが、
障害物が多く、雰囲気は良い場所です。

今回入った場所はこんな感じです。

透明度が低い場所でタナゴを探す場合にも、私は脈釣りを選んでいます。
アタリをとりながら、水深も探ることができるので、
ポイントの状況をざっくり調べるのに都合が良いです。

タナゴグルテンを餌に、仕掛けを入れてみると、70〜80cmと意外に水深があり、
しかも、嬉しいことに底付近で頻繁にアタリがあります。
目印を見やすく調整して、目印の動きに合わせて竿を立てると、
5cm程のタナゴが掛かりました。
透明度が低く、水深もあるポイントでは、脈釣りのアタリは取り難く、
もう少し効率が良い釣り方もできそうですが、
残り時間も少ないのでそのまま続けます。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 21匹
  • ゲスト なし

ポイントの新規開拓ができて、最高に癒されました。

-釣行記

© 2021 今日も小物釣り Powered by AFFINGER5