釣行記

11月23日 タナゴグルテンで脈釣り

枯れ草の隙間を脈釣りで狙いました

今回の場所はこんな感じです。枯れ草の下にタナゴが群れています。

2020年11月23日 静岡市内 はれ 11時20分〜12時20分 水温19.0℃

11月21日まで使っていたポイントの群れが薄くなり、
そろそろ難しくなってきました。
タナゴの居場所を探していくつかの場所を廻る中で、
ひだまりの枯れ草の下に、タナゴの群れを見つけました。

こちらの場所には、今年4月に合計3回入り、タナゴを平均で40匹程釣っています。
草に覆われた狭いエリアで若干流れもあり、ウキ釣りが難しいため、
脈釣りで枯れ草の隙間を狙います。
透明度が高くて水深も浅い場所なので、タナゴを警戒させないように、
1.8mの竿で距離をとりました。

まずは黄身練りで始めますが、いまいち反応が悪いです。
そこで、タナゴグルテン(マルキュー)に切り替えたところ、反応が良くなりました。
タナゴグルテンは、針に良く絡み、脈釣りでも使いやすいです。
今回は、釣果の7割程がタナゴグルテンによるものとなりました。
途中で底の枯れ草を引っ掛けて、タナゴを警戒させてしまい、
終盤に失速してしまいましたが、充分に癒されました。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 45匹
  • ゲスト オイカワ、モツゴ

タナゴグルテンは、予想以上に扱いやすく、食いも良いため、
これからのシーズンは、お世話になる機会が増えそうです。

-釣行記

© 2021 今日も小物釣り Powered by AFFINGER5