釣行記

11月20日・21日 冬支度のタナゴ釣り

スポンサーリンク

11月20日午前は冬用の釣り場のお手入れ

11月も下旬になり、冬の足音が聞こえてきました。
静岡市内にもオオバンが飛来。
ここからの小魚探しは、鳥達との勝負になります。

オオバンと、特定外来生物の水草「ナガエツルノゲイトウ」

水温の低下に伴い、魚達の移動が始まりました。
私も魚を追いかけて移動する時期になりましたが、冬用の釣り場の中には、草ボウボウで使えなくなっている場所もあります。

この日の朝は、冬用の釣り場のお手入れをすることにしました。

伸びきった雑草を取り除き、土を踏み慣らして釣り場を整えます。
運動不足の私にとっては重労働ですが、毎年同じことを繰り返しているので、意外に早く作業が終わりました。

せっかくなので竿を出してみます。
タナゴ達は集まっているでしょうか。

2021年11月20日 静岡市内 はれ 10時10分〜11時10分 水温15.1℃

この釣り場の岸際には、たくさんの石が積み上げられています。
水温が下がってくると小魚が集まり、石の隙間で越冬します。

竿は1.05m。重めの連動シモリ仕掛けを、石の隙間に入れていきます。

タナゴグルテンでは反応なし。
黄身練りを投入すると、たまにイトウキが動きます。

まだ魚の数は少ないようですが、あちこち場所をズラしながら攻めると、ポツリポツリとタナゴが掛かりました。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 16匹
  • ゲスト なし

この釣り場、10年ほど前までは入れ掛かりを楽しめましたが、ここ数年は調子が良くありません。
とはいえ、昨年同様12月末あたりまでは、使えそうな雰囲気です。

スポンサーリンク

11月20日午後は秋の釣り場の様子見

冬用の釣り場も気になりますが、秋の釣り場が釣れるうちは、せっかくなので釣っておきたい。
午後は、このところ通っている釣り場に向かいました。

タナゴ達はまだ残っているでしょうか。

2021年11月20日 静岡市内 はれ 14時20分〜15時10分 水温17.1℃

この釣り場は日当たりが良く、水温が高め。
水深も周囲より30cmほど深くなっているため、小魚が溜まりやすくなっています。

他の釣り場からは小魚の姿が消えつつありますが、まだこの場所には、タナゴやオイカワ、フナなどが群れを作っていました。

まずは、いつも通りコマセカゴをセットして小魚を集めます。

コマセが効いて小魚が集まってくると、問題発生。
小魚だけでなく、小魚目当てのライギョも寄ってきました。

コマセカゴの周りをジッと見張ったり、

コマセカゴの周りの小魚を狙うライギョ。

コマセカゴのそばに張り付いて待ち伏せしたり、

コマセカゴのそばで小魚を待つライギョ。頭を枝の下に突っ込んで隠れたつもり。

数匹のライギョが入れ替わりでやって来るので、小魚達は落ち着きません。
水温が下がって小魚の居場所が限定されてきたので、捕食者も特定の場所に集合しているようです。

ライギョが去ると、小魚達はすぐにコマセカゴの周りに集まるので、急いで仕掛けを投入します。

1.5mの竿でウキ釣り。
コマセカゴ周辺の群れを散らさないよう、少し離れた場所に仕掛けを入れます。
タナゴ達はエサの黄身練りに良く反応し、仕掛けを入れればすぐに食ってきます。

ライギョの影響によるタイムロスがあるので、いまいちペースが上がりませんが、飽きない程度にはタナゴが掛かりました。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 26匹
  • ゲスト オイカワ

全体的にサイズダウンしてきた気もしますが、秋の釣り場もまだ楽しめそうです。

11月21日午前は冬用の釣り場を調査

日曜日は、冬用の釣り場の調査に充てることにしました。

午前の釣り場は水深1m程。アナカリスが茂っていて、その周りに小魚が群れています。
この場所は「お魚キラー」などの罠を使う人が多いので、あまり足を運ばないようにしていますが、この日は久しぶりに竿を出してみました。

2021年11月21日 静岡市内 はれ 10時30分〜11時30分 水温15.1℃

竿は1.5m。水深があるので、重めの連動シモリ仕掛けを使います。
オイカワやモツゴが多い釣り場ですが、アナカリスの際に仕掛けを入れると、タナゴが連続で掛かります。

以前に比べてタナゴが減ったようですが、良型のタナゴも混ざり、まずまずの釣果が得られました。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 33匹
  • ゲスト モツゴ、オイカワ

こちらの釣り場は例年12月中旬頃までですが、今年も同様に使えそうです。

11月21日夕方は良型タナゴのポイントへ

この日の夕方も冬用の釣り場に入りました。
少し深くなっている場所に枝が沈んでいて、小魚の住処になっています。

この場所もモツゴが多く、タナゴはそれほど居ませんが、昨年は良型ばかりが揃いました。
今年はどうでしょうか。

2021年11月21日 静岡市内 はれ 15時45分〜16時15分 水温15.2℃

水深は60センチほど。沈んでいる枝の際をウキ釣りで狙います。
底付近に黄身練りを送り込むと、ひったくるようなアタリ。
次々とモツゴが掛かってきます。

あちこち探るうちに、タナゴが掛かるエリアを発見。
集中して攻めると、良型のタナゴが連続で掛かりました。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 15匹
  • ゲスト モツゴ、オイカワ、コイっ子

この場所では、昨年と同様に良型のヒキを堪能することができました。
数はともかく、重さではそこそこの釣果が得られ、満足です。

冬用の釣り場は、全体的に昨年と同じような雰囲気。
このまま春までタナゴを釣って過ごしたいものです。

スポンサーリンク

-釣行記
-

© 2021 今日も小物釣り Powered by AFFINGER5