釣行記

11月6日 気分で小物釣り

スポンサーリンク

午前は小物の見釣り

季節の変わり目のこの時期、釣り場によって状況はいろいろ。
活性が高く、入れ掛かりを楽しめる場所がある一方で、魚があまり口を使わない釣り場もあります。

この日の午前に入った釣り場は後者。
水深が浅い上に水が澄んでいるので、魚が警戒しやすく数は伸びません。

とはいえ、丸見えの魚を、息を殺して狙うのもそれはそれで面白いので、お昼前のひとときに竿を出すことにしました。

2021年11月6日 静岡市内 はれ 11時00分〜11時30分 水温15.8℃

狭いエリアに小魚が溜まっています。ぱっと見、タナゴとモツゴが半々ぐらい。

身をかがめ、1.8mの竿で静かに黄身練りを送り込むと、たまに小魚がつつきにきます。
イトウキの僅かな動きにアワセを入れたり、黄身練りが消えたのを見て竿を立てたりしながら、ポツリポツリと掛けていきます。

タナゴの鼻先にエサを入れますが、モツゴも結構掛かります。
モツゴも含めて2〜3分に1匹のペース。
最後にマブナが掛かって場荒れしたところで、終了としました。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 6匹
  • ゲスト モツゴ、マブナ

この日も、スマホアプリの「ピクミンブルーム」で撮影。

水辺生まれのピクミンは、成長するとルアーを背負います。
小さなピクミンにとっては、タナゴやモツゴも超大物です。

スポンサーリンク

午後は気楽にタナゴの数釣り

シブい釣りの後は、ヌルい釣りを楽しみたくなります。
午後は、濁りの中に群れる良型のタナゴを狙うことにしました。

2021年11月6日 静岡市内 はれ 13時40分〜14時40分 水温15.6℃

そっと覗き込むと、鯉やフナ、オイカワなど、多くの魚が行き来しています。
タナゴ達は底の凹みに溜まっているので、重めの連動シモリ仕掛けで底ダナを直撃。
こちらの釣り場はそこそこ深く、タナゴもそれほど警戒していないため、適当に釣ってもコンスタントに掛かります。

この日はタナゴグルテンも用意しましたが、グルテンで掛かるのはオイカワばかり。
いつもの黄身練りに戻したところ、タナゴが連発するようになりました。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 48匹
  • ゲスト オイカワ、モツゴ

水温はだいぶ下がってきましたが、もうしばらくは、気楽なタナゴ釣りが楽しめそうです。

スポンサーリンク

-釣行記
-,

© 2021 今日も小物釣り Powered by AFFINGER5