いきもの調査

10月3日 富士花鳥園と富士養鱒場

スポンサーリンク

富士花鳥園で鳥たちとのふれあい

緊急事態事態宣言が解除されてから、初めての週末。
家族でほんの少し遠出をすることにしました。

とはいえ、県境を跨ぐ気にはなりません。
楽しくて混雑しない場所を思案した結果、富士山麓にある「富士花鳥園」が思い浮かびました。

花鳥園は朝一がおすすめ。
お客さんはまばらですし、鳥達やモルモットなどはお腹を空かしているので、餌やり体験も楽しさ倍増です。

自宅から1時間ほど車を走らせ、朝9時過ぎには現地に到着しました。

富士花鳥園には、いろんな鳥がいます。
フラミンゴのお子様や、

お子様フラミンゴは灰色。

コールダックに餌をあげたり、

コールダックも餌をおねだり。

タカを観察したり、

ハロウィン仕様の背景の前でヨゲンノスリを撮影。WEB会議みたい。

フクロウに何やらアピールされたりして、鳥達とのふれあいを満喫。

オオフクロウが木を咥えて何か訴えかけてきます。

ワシミミズクもいっぱい。
キリッとした雰囲気の子や、

思慮深そうな表情の子や、

ただ寝てるだけの子など、たくさんのフクロウを観察しました。

10時30分からはバードショー。
顔の横を、フクロウやハリスホークがかすめていきます。

お仕事をこなしてご褒美をもらったメンフクロウ

一通り楽しんで、昼前に富士花鳥園を後にしました。

スポンサーリンク

富士養鱒場でニジマス調査

富士花鳥園のあとに、必ず立ち寄る場所があります。

静岡県 水産・海洋技術研究所 富士養鱒場

です。
富士花鳥園からは、車で10分ほどのところにあります。

観覧料は大人が300円、中学生までは100円。
ニジマスの餌は100円。かなりの量なので、購入すれば、餌やり体験をたっぷりと楽しめます。

ちなみに、富士養鱒場には管理釣り場が併設されていて、手ぶらでニジマス釣り体験もできます。
(管理釣り場についてはこちら

釣り場はそれなりに賑わっていましたが、その他のエリアはほとんど貸切状態。
清廉な湧水で満たされた飼育池と、ニジマスの群れを眺めながら、のんびりと場内を周ります。

この日はどこも混雑していましたが、富士養鱒場はいつも通り。

あまりに水が綺麗で、水中を覗きたい衝動を抑えられませんでした。
ニジマスを傷つけないように、池の端にそっとカメラを入れ、3分間ほど撮影しました。

餌を食べるニジマスの様子は、以下の動画をご覧ください。

屋外のニジマスのほか、展示室の水槽には、ブラウントラウトやイトウなども展示されています。

富士養鱒場は、水も空気も綺麗で、コストパフォーマンスも最高です。
ニジマスに餌をあげられる場所は、意外と少ないのではないでしょうか。

富士・富士宮に来られた際には、是非お立ち寄りください。

スポンサーリンク

-いきもの調査
-, , , ,

© 2021 今日も小物釣り Powered by AFFINGER5