釣行記

1月8日・9日 いつもの寒タナゴ釣り

スポンサーリンク

1月に入り、遊べる釣り場が限られてきました。
冬でも釣れる場所はいくつかありますが、群れがまとまると、鳥が根こそぎ食べてしまいます。

1月第2週も、数少ないタナゴ釣り場を覗いてみました。

1月8日 深場で小物釣り

この日の釣り場は、水草が茂る深場。
1月2日・3日と同じ場所です。
今シーズンも既に鳥達のレストランになっていますが、まだ小魚の影がちらほら。

一応遊べそうな雰囲気です。

2022年1月8日 静岡市内 はれ 10時45分〜11時15分 水温8.5℃

この時期の小魚は人の気配に過敏に反応するので、長めの1.8mを選択。
エサは冬の定番、温泉卵です。

割と活性が高く、小魚が次々と掛かりますが、前週に比べるとゲストの割合が高くなりました。
10匹釣ってタナゴが4〜5匹といったところ。
タナゴは平べったいせいか、オイカワやモツゴより寒さに弱い気がします。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 14匹
  • ゲスト オイカワ、モツゴ

終了までの30分アタリが途絶えず、この時期としては充分な釣果が得られました。

スポンサーリンク

1月9日 いつもの豆バラ釣り

日曜日は冬の主戦場へ。
私の手持ちで1年中釣れ続く場所はここぐらいなので、毎年冬は多用しています。
昨シーズンは不調でしたが、この冬は今のところ安定した釣果。

ありがたいことです。

2022年1月9日 静岡市内 はれ 9時55分〜10時55分 水温6.5℃

コマセを効かせると、この日もすぐにタナゴが集まり、釣り場が完成。

0.73mの竿に連動シモリ仕掛け、ハリは豆バラ専用の魅玄タナゴを使用。
柔らかい温泉卵をちっちゃく付けてスタートです。

魅玄タナゴはハリ先が極端に短く、バラしが多いハリですが、豆バラ相手に温泉卵を使うと意外と大丈夫。
確実なペースで、ストレスなくタナゴを釣ることができました。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 49匹
  • ゲスト なし

この場所では、カワセミ以外の鳥はあまり見かけません。
鳥は人間と違って命懸け。
やはり効率最優先なのでしょうか。
豆バラばかりのこの場所は、鳥には人気がないようです。

スポンサーリンク

-釣行記
-

© 2022 今日も小物釣り Powered by AFFINGER5