いきもの調査 釣行記

9月25日 タナゴ釣り・イシガメとの出会い

スポンサーリンク

朝はオイカワが入れ掛かり

秋も深まり、あちこちでコスモスが咲き始めました。

秋はアユ餌釣りのベストシーズン。
そろそろ川の様子が気になります。

この日の朝、家の前の巴川でアユっぽいヒラ打ちを発見。
久しぶりに、アユを狙ってみることにしました。

2021年9月25日 静岡市内巴川水系巴川 はれ 10時30分〜11時15分

堰の下が少し深くなっていて、小魚が溜まっています。

デジカメで水中を撮影してみると、ものすごい数のオイカワが群れていました。
ヒラ打ちも、どうやらオイカワだったようです。

静岡市巴川中流域のオイカワ

これはどうあがいても、アユが釣れるとは思えません。
とはいえ、せっかく準備をして川に降りてきたので、オイカワに遊んでもらうことにしました。

竿は4.5mの清流竿。3本バリのアユの餌釣り仕掛けを使います。

川に立ち込んで仕掛けを打ち込むと、一瞬でオイカワがヒット。
ダブル、トリプルも連発。これ以上ないほどの入れ掛かりです。

釣ったオイカワは、そのまま足元の川に戻しましたが、何匹かは撮影用にキープしました。

オイカワも、焼いて醤油を垂らして食べると、なかなか美味しいと聞きます。

いつか試してみようかな。

スポンサーリンク

午後はやっぱりタナゴ釣り

午後はいつものタナゴ釣りに出かけました。
今回は、少し流れのある釣り場で、良型を狙います。

2021年9月25日 静岡市内 くもり 15時50分〜16時30分 水温22.8℃

この釣り場も、数日前の雨の影響で増水しています。
オイカワが多いですが、所々にタナゴも群れています。

ここではいつも、1.8mの竿で浮き釣り。
黄身練りをハリに付けて、タナゴの群れに仕掛けを入れると、すぐに食いついてきます。
イトウキの動きにアワセを入れて、底から良型のタナゴを引っ張り出すのは、とても刺激的。
小気味良い引きを堪能しました。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 30匹
  • ゲスト オイカワ

良型が揃い、満足の釣行となりました。

タナゴ釣り場でイシガメに遭遇

この日の釣り場には、少し前までクサガメが居着いていました。
しかし、先日の台風で増水してから、しばらく見かけません。

カメがやって来ないかと、期待しながらタナゴを釣っていると、目の前をイシガメが横切りました。
この水域は、アカミミガメやクサガメ、スッポンばかり。イシガメはかなり珍しいです。
釣りの手を止めて動きを追うと、岸際の草に頭を突っ込んで、じっとしています。

こうなると、もう捕まえずにはいられません。
そっと近づいて手を伸ばすと、あっさり手掴みで捕まえることができました。

甲長12cmのイシガメ。平べったくてギザギザの甲羅がカッコいいです。

黒目がちで大きな瞳も素敵。

性格はおとなしく、噛みつくことはありません。
そのあたりは、スッポンやアカミミガメとは違います。

おしりの穴(総排出孔)の位置からすると、この子はオスのようです。

オスは尻尾の先端寄りにお尻の穴が付いています

参考までに、メスのお尻はこちら。

メスは尻尾の根元付近にお尻の穴がついています(写真は我が家のメスのイシガメ)
上の写真はこのメスのお尻です(甲長15cm)

今回のオスも我が家のカメ達の仲間入り。
いずれは繁殖にも挑戦したいです

スポンサーリンク

-いきもの調査, 釣行記
-,

© 2021 今日も小物釣り Powered by AFFINGER5