釣りの道具・釣り餌 釣行記

8月29日 ワカサギオモリでタナゴ脈釣り

スポンサーリンク

8月28日 『ゆるキャン△』ラッピングカーに遭遇

この土曜日は仕事。
朝8時前から真面目に働き、日が落ちる前に片付ける事ができました。

帰り道、静岡県庁の側を通りかかったところ、駐車場に目立つ車が停まっていました。

どうやら『ゆるキャン△』のラッピングカーのようです。

フロントに「各務原なでしこ」、サイドにその他4人のメインキャラが配置されています。

左サイドに「志摩リン」「斉藤恵那」
右サイドには「大垣千明」「犬山あおい」

検索をかけたところ、こちらに情報がありました。

記事の車両とナンバーも一致。「なでしこ号」に間違いありません。
レンタル期間は終了したようですが、現在は公用車として活用されているのでしょうか?

『ゆるキャン△』は山梨県と静岡県が舞台。
シーズン1・シーズン2共に馴染みの風景ばかりで、おっさんの私も楽しませていただきました。

このアニメで通じて、静岡に興味を持ってくださる方も多く、静岡県民として嬉しいかぎりです。

スポンサーリンク

8月29日 午前は釣り竿を片手にお散歩

日曜日は、前回の麻機遊水地第4工区に引き続き、遊水地の別エリアを散策しました。

この一帯は静岡市内で最もタナゴ釣りが盛んな場所。
春と秋は釣り人で賑わいますが、真夏は竿を出す方も少なく、今回の訪問時も閑散としていました。

1.2mの竿にウキ釣り仕掛けをセット。
あちこち覗いてまわって、気が向いた場所で竿を出します。

こんな広々とした場所や、

こんな感じの小さな池。

池を繋ぐ水路のほか、

ボサに覆われた岸際などに仕掛けを入れていきます。

どこにでも顔を出すのはモツゴ。

場所によってはテナガエビ(小さいですが)も掛かります。

エビだらけの場所もあったので、釣れるか試してみましたが、エサへの反応が悪く、1匹も掛けることができませんでした。

1時間弱歩きまわり、あちこちで数投ずつ仕掛けを入れました。
タナゴは3匹。今回はお散歩がメインなので、こんなところでしょう。

水温はどこも30℃以上。タナゴには少し厳しい環境です。

色々釣れて楽しいのですが、猛暑の中、日向はとんでもない暑さ。
一方、日陰は涼しい代わりにヤブ蚊だらけ。
人間にとっても、居心地はよくありません。

夏場、この場所の釣り人が少ない理由が分かりました。

午後はワカサギオモリでタナゴの脈釣り

近年、ワカサギ釣りが人気です。
快適なドーム船の登場もあって、新たなファンも獲得しているようです。

専用の釣具やエサが充実していますが、その中で気になっていたのがオモリです。
特に、ハリス止めと一体になっているタイプは、そのままタナゴの脈釣りに使えそう。
そんなわけで、今回は、

  • ワカサギシンカー TG R 1g(ダイワ)
  • 鬼楽六面オモリ 1g(ささめ針)

を入手し、タナゴを釣ってみることにしました。

上記2種類のオモリで脈釣りの仕掛けを組み、釣り場へ持ち込みました。

鬼楽六面オモリで組んだ脈釣り仕掛け

2021年8月29日 静岡市内 くもり 16時00分〜17時00分 水温27.6℃

このところ釣果が安定している釣り場で、ワカサギオモリの使用感をチェック。
コマセカゴを沈めると、いつも通りタナゴが集まってきます。
竿は1.2m。エサは黄身練りとタナゴグルテンを用意しました。

まずは鬼楽六面オモリで釣ってみます。

この日は、風も流れもなく、オイカワやカダヤシも目立たないため、正直なところ脈釣りをする必要が全くありません。
無理矢理の脈釣りですので、釣果が伸びるわけはありませんが、10分間で8匹。まあそれなりのペースで掛かりました。。

次は、ワカサギシンカー。

細長い形状のおかげか、針係りの衝撃を緩和できるようですが、致命的な問題が発覚。
ハリス止めがタナゴ用の極細ハリスに合っていないため、ハリスがすぐに抜けてしまいます。
こんなの、仕掛けを組むときに気付かないとダメですね。
このままでは使い物にならないため、修正が必要です。

後半30分はウキ釣りに変更。
表層は小型ばかり。良型を狙って、重めの仕掛けで底ダナを攻めたところ、コンスタントにタナゴが掛かりました。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 33匹
  • ゲスト オイカワ

鬼楽6面おもりは、そのままタナゴの脈釣りに使えました。
いつも使っているバレットシンカーと比べて、釣果に遜色はなさそうです。

ワカサギシンカーをタナゴ用に加工

ワカサギシンカーは、そのままでは使い物になりません。
タナゴ釣りに使用できるよう、ほんの少し加工してみることにしました。

ハリス止めの根元付近をライターで炙り、ハリス止めをラジオペンチでつまんでひっぱると、簡単に抜けます。
代わりに、プロフッカー(オーナーばり)を挿入し、接着剤で固定して完成です。

プロフッカーはそのままでは入らないため、輪の部分をペンチで潰します。

ハリス止めの種類や固定の方法については、今後、必要に応じて修正する予定。

とりあえずこれで仕掛けを組んで、再度、現場で試してみることにします。

スポンサーリンク

-釣りの道具・釣り餌, 釣行記
-,

© 2021 今日も小物釣り Powered by AFFINGER5