釣行記

7月10日・11日 アユに振られてタナゴ釣り

スポンサーリンク

7月10日 オイカワばかりが入れ掛かり

この日は、朝の5時すぎから家の前の巴川でアユを狙いました。
アユのヒラ打ちを確認できないまま釣り始め、約1時間、掛けても掛けてもひたすらオイカワ。
アユが掛かる前に心が折れました。
やはりヒラ打ちが見えなければ、勝負にならないようです。

少し原付を走らせて、巴川の支流、長尾川の様子も見ましたが、こちらもアユが見当たりません。

長尾川 川自体は良い雰囲気ですが、アユは見当たりません。

午後はさらに原付を走らせて、安倍川水系の様子を見に行きました。

この日の静岡市内は最高気温36℃。

土手を走り回って川見をしていたところ、原付のエンジンがかからなくなりました。
2週間前に修理したばかりなのに、悲しい。

いつもお世話になっているバイク屋さんに回収していただき、無事に戻ってきました。
しかし原付は重傷。
暑い中で酷使したためインジェクターがダメになり、交換が必要です。
修理費は約3万円。痛い出費となりました。

スポンサーリンク

7月11日 アユを探しましたが・・・

7月11日は、早朝から巴川の支流長尾川の様子を見に行きました。

良さそうな雰囲気の場所は所々にありますが、どこにもアユが見当たりません。

川沿いにお住まいの方によると、最近まで重機が広範囲の川底を掘削していたとのこと。
アユが戻って来るまで、しばらく川見を続けることにします。

予想はしていましたが、なかなか思い通りにはなりません・・・。

タナゴだけはいつも通り

近所ではアユを見つけることさえできません。
こんな時、頼りになるのはやっぱりタナゴです。

この日の最高気温は34℃。
パラソルを携えて、いつもの沼に向かいました。

2021年7月11日 静岡市内 はれ 10時15分〜11時05分 水温26.3℃

足元にはいつも通り小魚が群れています。
このところの雨の影響で、オイカワが多いようです。

まずはコマセカゴをセット。
イスにパラソルを付け、日陰でのんびりと竿を出します。
1.2mの竿でウキ釣り。オイカワが多いので、餌は黄身練りメインです。

釣り始めはオイカワばかりが集まり、タナゴとの釣り分けに苦労しましたが、そのうちにタナゴの群れが集結して、オイカワを圧倒。
連続でタナゴが掛かるようになりました。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 50匹
  • ゲスト オイカワ

今シーズンは、シロギスもアユも難しいだけに、タナゴのありがたさが身に沁みます。
タナゴの10分の1でも、アユが釣れてくれると良いのですが。

スポンサーリンク

-釣行記
-

© 2021 今日も小物釣り Powered by AFFINGER5