いきもの調査 釣行記

7月3日 ヘビと一緒にタナゴ釣り

スポンサーリンク

静岡県内は記録的大雨

ずいぶん降りました。
アユの餌釣りには雨が有利に働くので、雨を待ってはいましたが、さすがに降りすぎです。

近所の川も大増水。いつもは仕掛けも流せないチョロチョロの川なのに、この日は、落ちたら死ぬレベルです。
いつも、この川の水量を参考に、釣り場を決めていますが、この水量はあまり経験がありません。

とりあえず、手持ちの中で一番増水に強い釣り場に向かいました。

スポンサーリンク

アオダイショウも緊急避難

釣り場の状況は一変。
水際は全て水没しています。

水に追いやられたのか、ヘビが3匹、釣り座のそばに避難していました。
3匹全てアオダイショウ。(だと思います。)
マムシやヤマカガシだったら心配ですが、アオダイショウなら大丈夫。
タナゴ釣りの前に、少し観察することにしました。

1匹目はカメラを用意しているうちに、逃げてしまいました。

2匹目は青い目をしていました。脱皮の兆候との情報もありましたが、見えているのでしょうか?

青い目のアオダイショウ

そのうちに、ニョロニョロ去って行きました。

3匹目は木の枝の上に避難しています。

この子は近づいても平気なようです。
おとなしくて、かわいい顔をしています。

逃げずにじっとしているので、隣にお邪魔して、タナゴ釣りを始めることにしました。

2021年7月3日 静岡市内 くもり 14時10分〜15時10分 水温22.1℃

いつもより、水位は2m以上、上がっています。

どこの釣り場も激流・水浸しの中で、ここは普通にウキ釣りができそう。
魚の影は見えませんが、とりあえず竿を出してみます。

1.2mの竿で、繰り返し黄身練りを打ち込むと、少しずつアタリが出始めました。
普段のペースには遠く及びませんし、かなりオイカワが混ざりますが、悪条件の中、釣りができるだけでありがたいです。

  • 釣果  タイリクバラタナゴ 26匹
  • ゲスト オイカワ

この大雨で、魚がかなり動いたはず。
まずはアユを試すつもりですが、フナも楽しそう。
何を狙うか、悩ましいです。

スポンサーリンク

-いきもの調査, 釣行記
-,

© 2021 今日も小物釣り Powered by AFFINGER5