釣りの道具

使い捨て手袋

スポンサーリンク

天然ゴムの極薄タイプがオススメです

タナゴ釣りは基本的にリリースが前提ですので、
魚へのダメージは少ない方が望ましいです。

多くの書籍や映像で、
「魚を触る前には手を濡らす」
事を推奨していますが、これには、

  • 手の温度を下げる
  • 魚の表面の粘膜を保護する

の両方の意味があるようです。

しかし釣り場では、事前に手を濡らして触っても、
魚が手の中で暴れて、ハリを外すのに苦労することがあり、
暴れた結果、魚が地面に落ち、追加ダメージを与えてしまうこともあります。
さらに、その魚を見失ったら悲劇です。
スレバリを使って、魚に触れずにハリを外す方法もありますが、
魚を落とすリスクは残ります。

スポンサーリンク

素手より手袋

「素手がダメなら手袋をはめよう」ということで、
私は小物を釣る時、魚に触れる左手だけ手袋をはめています。
できるだけ薄く、手にフィットするものを探した結果、薬局で購入できる、
天然ゴム製で極薄タイプの使い捨て手袋に落ち着きました。
サイズは、S・M・Lの3種類がありますが、
少し小さめを選んだ方が、手にフィットして扱い易いと思います。

写真は少しゆとりがありますが、ぴったりフィットしている方が快適に釣りができます。

手袋をはめた手を濡らして、魚を触ると、
素手の時よりも明らかに、魚が落ち着いています。
ハリを外す時間を短縮できますし、魚を落とすリスクも軽減できます。

ニトリルゴムより天然ゴム

薬局には、天然ゴム製の他に、
ニトリルゴム製の使い捨て手袋も売っていますが、
ニトリルゴム製の方が価格が高いですし、伸縮性もイマイチです。
さらに、熱伝導率はニトリルゴムより天然ゴムの方が低いので、
天然ゴム製の手袋の方が、体温が魚に伝わり難いはずです。
全体的に、天然ゴム製が小物釣りに向いていると思います。

これから本格的に冬を迎えますが、
単純に防寒の意味でも、使い捨て手袋は有効です。
直接水に触れないだけでも、指先の凍えを軽減できます。
また、グルテンによる手荒れも予防できると思います。

ラテックスアレルギーにご注意ください

天然ゴムと接触する事で、
蕁麻疹などのアレルギー反応(ラテックスアレルギー)が出る方がいます。
症状が現れたら使用を中止し、医師に相談しましょう。

新型コロナウイルスの影響で、使い捨て手袋も入手が難しくなっています。
「貴重な衛生物資を無駄使いするのはけしからん。」
とのご意見もあるかとは思いますが、
選択肢の一つとして、共有をさせていただきました。

少し前まで100枚で1,000円程でしたが、現在は50枚で1,000円程。倍に値上がりしてしまいました。

スポンサーリンク

-釣りの道具
-

© 2021 今日も小物釣り Powered by AFFINGER5