釣りの道具

パラソル

雨の日も快適です

ステラ デタッチャブル チェア用パラソル(キャプテンスタッグ)

私は、一年中小物釣りをしています。
強風の日も雨の日も、猛暑の日もありますが、
台風でも来ない限りは、基本的に釣りに出かけます。
週末に釣りで癒されなければ、
次の一週間は、私にとって辛いものになります。

強風の日は、脈釣りで問題なく楽しめますが、
雨の日や猛暑の日は、パラソルが必要です。

釣り場では、ヘラ釣りだけでなく小物釣りでも、
ヘラ用の釣り台とヘラパラソルを使われている方を見かけますが、
一箇所の滞在時間がせいぜい一時間の私にとっては、
釣り台は少し大袈裟すぎます。
もっとコンパクトで準備が簡単なものを探した結果、
現在、私が使用しているのは、

  • ステラ デタッチャブル チェア用パラソル(キャプテンスタッグ)
  • コンパクトクッションチェア(コールマン)

の組み合わせです。

コンパクトクッションチェアは、
コマセをセットできるところがポイントです。

チェアを置くスペースがあれば、
この組み合わせで快適な釣りが楽しめます。

スクーターでパラソルを運ぶ方法

私は、釣り場への移動に、原付スクーターを使用しています。
駐車場スペースに縛られず、釣り場に入れますので、
選択の自由度が上がり、結果的に釣果の向上に繋がっています。

スクーターは、私にとって非常に重要な釣り道具ですが、
このスクーターでパラソルを運ぼうと思うと、意外と難しいです。
いくかの方法を試した結果、
現段階での私の方法は、以下のとおりです。

素材
次の素材を用意しました。

  • 目玉クリップ:挟口65mm(ダイソー)
  • カラビナ数種(ダイソー)
  • 二重リング(文具店)

組み立て
素材を、下の写真のように2つのパーツに組み立てます。
写真左側が前用、右側が後ろ用です。

スクーターへの取り付け
前用のパーツを、シート下にあるヘルメット用のピンにかけ、
シートを閉めます。

後ろ用のパーツを、リアキャリアにかけます。

パラソルの取り付け
二つの目玉クリップに、パラソルのシャフトを挟みます。
特に後ろ側のクリップが、布だけでなく、
シャフトまでしっかり挟んでいることを確認してください。

目玉クリップでシャフトを挟みます。椅子への取り付けパーツ部分は、折った方が運転しやすいです。
後ろ側の目玉クリップは、布だけでなく、シャフトをしっかり挟んでください。

この状態で、この春から何度もパラソルを運んでいますが、
脱落や接触などのトラブルは起きておりません。

パラソルのネジが壊れたら

ステラ デタッチャブル チェア用パラソルは、
価格なりの良い製品だと思うのですが、

  • ネジが壊れやすい

という欠点があります。
実際、アマゾンのコメントにもこの事を書かれていますし、
私自身も一度壊しています。
締めすぎないように注意が必要です。

壊れたネジの代用品は、
ホームセンターで購入できます。
ネジのサイズはM6です。
せっかく買ったパラソルですので
ネジを交換して、長く使ってあげましょう。

雄ネジが壊れたらこちらと交換
雌ネジが壊れたらこちらと交換


-釣りの道具

© 2021 今日も小物釣り Powered by AFFINGER5