釣りの道具・釣り餌

タナゴ釣りのハリ

スポンサーリンク

ハリは重要です

2001年に発行された、川釣り関連の書籍には、以下の記載があります。

タナゴ釣りに狂っているベテラン諸氏が、場所やエサと同じくらい重視しているのが「仕掛け作り」だ。
本気でタナゴ釣りの仕掛けを作るなら、それに使うパーツ類は専用の極小サイズのものを用意しないとダメだそうである。

と、このように書くとビギナーの方は尻込みしてしまうかも知れないが、実際にタナゴを釣る場合に重要なのは「ハリ」だけで、ほかの部分はそんなに神経質になる必要はない。
タナゴというのは案外と貪欲な魚なので、少々、仕掛けに違和感を持っても平気でエサを食ってくるものなのだ。

タナゴ釣りで一番のキモになってくるのは「研ぎ・エサ付け・誘い」である。

「川釣りの極意」西野弘章・著 山海堂(現在はつり人社が新装版を販売中)


タナゴの小さな口に合わせて、ハリを小さく鋭く研ぐことが、特に重要とされていました。

そうは言っても、極小サイズのタナゴ針を研ぐことは、かなりハードルが高い作業です。

スポンサーリンク

市販のタナゴ針が充実

そんな中、がまかつが、極タナゴを発売。
こちらは、ベテランも太鼓判を押す出来ばえで、自らハリを研がなくても、十分、タナゴ釣りを楽しめるようになりました。

そして、さらに近年、

  • 極タナゴ極小(がまかつ)
  • 魅玄タナゴ(オーナーばり)

が相次いで発売。選択の幅が広がりました。

タナゴ針のサイズを1円玉と比較
左:極タナゴ   中央:極タナゴ極小   右:魅玄タナゴ 

極タナゴ極小は、極タナゴよりも全体的に小さく、重量で10%減とのことです。
ただし、針先の大きさはあまり変わりません。(むしろ少し長く見えます。)

魅玄タナゴは、「新子、豆タナゴ専用」とあるとおり、針先が極タナゴよりもかなり短いです。

現在は上記も含めて、様々なタナゴ針が市販されています。

使用感について

私の個人的な使用感は、以下のとおりです。

極タナゴ
全体的にバランスが良く、どんな条件でも安心して使えます。

極タナゴ極小
極タナゴよりも小さく軽量で、吸い込みが向上している印象です。
一方で沈下が遅いため、カダヤシにつかまりやすく感じます。
小さなタナゴもそれなりに掛かります。

魅玄タナゴ
3種の中では最も針先が短く、ミクロサイズのタナゴも掛かります。
掛かりやすい一方で、バラしやすくもあります。
小さなタナゴが主体の条件で、本領を発揮するハリです。

おすすめのハリス

多くのタナゴ釣り関連の書籍では、「ナイロンハリスは張りが強く、吸い込みが悪い。」として、テトロンのハリスがついた市販品を推奨しています。

ハリスつきの「極タナゴ」「極タナゴ極小」「魅玄タナゴ」は、以下のリンクからもご購入いただけます。

しかし、ハリス付きのハリは割高ですし、欲を言えば、もう少し細く、弱いハリスを使いたい、と感じました。
そこで、バラ針を買って、何種類かハリスの素材を試した結果、現在、私がハリスとして使用しているのは、フライタイイング用の

  • ユニスレッド8/0(ティムコ)

です。

もしよろしければ、お試しください。

なお、「ユニスレッド8/0」は、以下のリンクからもご購入いただけます。

また、バラ針の「極タナゴ」「極タナゴ極小」「魅玄タナゴ」は、以下のリンクからもご購入いただけます。

なお、チチワを作るのが難しい場合は、速攻8の字結び(ダイワ)などを使えば、問題なく作業ができると思います。

「速攻8の字結び」は、以下のリンクからもご購入いただけます。

スポンサーリンク

-釣りの道具・釣り餌
-

© 2021 今日も小物釣り Powered by AFFINGER5