釣り餌

タナゴ釣りの餌 黄身練り

タナゴ釣りには欠かせません

タナゴ釣りの餌といえば、

  • 玉虫(イラガの幼虫)
  • 黄身練り
  • グルテン
  • 赤虫

の四種が基本ですが、
私の地元静岡で、コンスタントに入手できるものは、
黄身練りとグルテンになります。

釣り場には、いつもこの二種類を持って行きますが、
私の場合、過去に釣ったタナゴの数で言えば、
大部分が黄身練りでの釣果です。

私が考える黄身練りのメリットは、

  1. 餌付けの失敗が少ない
  2. タナゴの割合が高くなる

です。

1.に関して、
黄身練りは、投入直後にハリから外れることが殆どなく、
必ず一回は、チャンスをつくってくれます。

2.に関して、
グルテンから黄身練りに切り替えた場合、
明らかにオイカワやモツゴのアタリが減り、
タナゴ釣りの効率が上がります。

デメリットは、
基本的に自分で作らなければならないことですが、
それほど面倒ではありませんし、一度作れば一ヶ月程使えます。
隙間の時間に、すぐタナゴ釣りに行けるように、
我が家の冷蔵庫には、黄身練りが常備されています。

私のタナゴ釣りには、
黄身練りが絶対に欠かせません。

私の黄身練り

私は、以下の手順で黄身練りを作っています。

卵の黄身をとりだし、
竹串などで、薄膜とカラザを取り除きます。

次に、以下の添加物を黄身に投入し、均一に混ぜます。

  1. バニラエッセンス
  2. うま味調味料(グルタミン酸ナトリウム)
  3. ハチミツ
  4. 鰻養殖用飼料(魚粉配合)

1.2.3.は、一般的に使用されている添加物です。
4.は、私が小学生の頃にタナゴ捕りに使っていた餌で、
個人的なラッキーアイテム的添加物です。

最後に、ホットケーキミックスを少しずつ加えながら、
均一に練ります。

ホットケーキミックス投入の一回目は、この程度の量を入れても大丈夫です。

持ち上げても垂れ落ちない程度に仕上がったら、完成です。
夏は固めに、冬は柔らかめに仕上げます。

使う際には、市販のポンプ等に充填します。
私は、ノズル径3mmのグルテンポンプ(ダルマ)を使用しています。
以前は同シリーズの黄身練りポンプを使用していましたが、
私の黄身練りに使うには、ノズル径が小さすぎたため、
ノズル径が大きなものに切り替えました。

残った黄身練りは、しっかりとラップで密閉し、
冷蔵庫に保管します。

市販品も発売されました

自作が基本の黄身練りですが、
2019年に、マルキューさんから、
市販品が発売されました。

私は、まだ使ったことがありませんが、
はじめての方は、こちらから試しても良いかもしれません。

黄身練りは、コンスタントに釣果が期待でき、
信頼できる釣り餌です。
まだ使われたことがない方は、是非、お試しください。

-釣り餌

© 2021 今日も小物釣り Powered by AFFINGER5