釣りの道具 釣り餌

タナゴ釣りの寄せ餌

スポンサーリンク

寄せ餌の目的

フカセ釣りやサビキ釣りなどと同様に、タナゴ釣りでもコマセを使います。
ただし、広範囲に「撒く」イメージではなく、匂いを漂わせて「寄せる」イメージです。
この「寄せ餌」の目的は、

  • 冬季に食い渋るタナゴの活性を上げる
  • 春や秋などに、移動するタナゴの足を止め、ポイントを作る
  • 魚を浮かせて、釣りの効率を上げる

などです。

付け餌にグルテンを使う場合は、グルテンに含まれる集魚剤の効果が期待できますが、
私は、黄身練りを多用しますので、寄せ餌で集魚効果を補うことが多いです。

釣り場に着いたらまず寄せ餌をセットする事で、魚が寄った状態から釣りをスタートでき、短時間で釣果に結び付きます。

スポンサーリンク

寄せ餌用の道具

仕掛け巻きに収めたチェーンと、コマセカゴ

寄せ餌用の道具には、

  • コマセカゴ
  • カゴを吊すヒモ
  • カゴを固定する支柱
  • 支柱を置く台
  • 寄せ餌(餌本体)

があります。
以下、それぞれについて記載します。

コマセカゴ
多くの書籍などで、ボール型の茶漉しを紹介しています。
書籍では、粗めのカゴを薦めていますが、私は、細かいタイプでも効果を実感できています。

左側が目が細かいタイプ 右側は目が荒いタイプ

カゴを吊すヒモ
私は、アクセサリー用のチェーンを使っています。
東急ハンズで、1mと1.5mの2種類の長さを指定し購入しました。

スナップスイベルにスプリットリングを付けたものを、いくつか用意してチェーンの途中に付けます。
チェーンの一方の先端にスプリットリングを付け、もう一方の先端にはダブルスナップを付けます。
このダブルスナップに、コマセカゴを繋ぎます。
チェーンは絡まないよう、丸い仕掛け巻きに収めています。

カゴを固定する支柱
私は、

  • アユリターン144(ベルモント)
  • DPF-200ポケットフィッシャー(ジェフコム)

を使っています。

上側がアユリターン 下側がポケットフィッシャー

「アユリターン144」と「DPF-200ポケットフィッシャー」は、以下のリンクからも、ご購入いただけます。

支柱の先端に、チェーンに繋いだスプリットリングを通し、木製クリップで、スプリットリングの脱落を防止します。
スナップスイベルの位置を変えることで、チェーンの長さを調節します。

支柱を置く台
私は、タナゴ釣り用のイスとして、

  • コンパクトクッションチェア(コールマン)

を使用しています。
その足の部分に支柱を置いています。

ダブルクリップ+コイルコード+目玉クリップで脱落防止

なお、私がこのイスを選んでいる理由は、単純に「パラソルを付けやすいから」です。
もっとコンパクトで、似た構造のイスもあります。
(パラソルについてはこちらもご覧ください。)

寄せ餌
私は、へら用の餌を流用しており、

  • 赤へら    100cc
  • へらスイミー 100cc
  • サナギ粉   50cc

を500ccのペットボトルに入れてよく混ぜ、粉のままコマセカゴに入れて使っています。
寄せ餌については、あまりこだわりはありません。

寄せ餌を沈める深さは、冬は深め、春から秋は宙層が目安です。

マナーも大事です

寄せ餌の使用は、周囲の釣りに影響しますので、付近に他の釣り人がいる場合は控えた方が良いと思います。
また、残った寄せ餌は、水質悪化の原因になりますので、できれば持ち帰りましょう。

寄せ餌は必須ではありませんが、使うことで、有利になる状況も多いです。

よろしければ、お試しください。

スポンサーリンク

-釣りの道具, 釣り餌
-

© 2021 今日も小物釣り Powered by AFFINGER5